UQ WiMAX と UQ mobile を提供するUQコミュニケーションズ

UQ Communications

WiMAXによる被災地支援プログラムの実施について

2011322

                        UQコミュニケーションズ株式会社

 

WiMAXによる被災地支援プログラムの実施について

 

 

このたびの東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 野坂 章雄、以下UQ)は、東北地方太平洋沖地震の被災地の皆様および救助支援活動に携わられている皆様に、即座にインターネットが利用可能な、WiMAX(ワイマックス)によるブロードバンド・インターネット環境をお届けする「WiMAX被災地支援プログラム」を321日から開始いたしましたのでお知らせいたします。

 

WiMAX被災地支援プログラム」は、被災地、避難所等で救助支援活動に携わられている公共機関、団体の皆様を対象に、UQが関係協力会社様と共同で、ノートパソコン、WiMAX端末と回線を無償で提供するものです。このプログラムをご利用いただくことにより、救助支援活動がさらに円滑迅速に行えること、また避難された皆様にリアルタイムの情報をお届けすることが期待されます。

 

本プログラムの第一弾として、インテル株式会社(東京本社:東京都千代田区、代表取締役社長 吉田 和正)、ダイワボウ情報システム株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、取締役社長 野上 義博)と共同で、仙台市内の避難所9か所にノートパソコンおよびWiMAX端末のセットをお届けいたしました。お届け先の避難所は以下のとおりです。

 

仙台市若林地区:蒲町中学校、蒲町小学校、七郷小学校

仙台市宮城野地区:高砂中学校、岩切小学校、宮城NPOプラザ

名取市:名取第一中学校、館腰小学校、名取市役所

 

今後、順次本プログラムの拡張を検討してまいります。

UQは、被災地が一刻も早く復興することを全力をあげて応援します。

 

以 上

 

【本件に関するお問い合わせ先】

UQコミュニケーションズ株式会社

総務部 広報担当 E-mail : pruqc.jp

 

(注)迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を変えています。
「@」(全角)を「@」(半角)に置き換えてご利用下さい。

 

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることが
    ありますので、あらかじめご了承ください。

 

 

 

 

 

お申し込み