UQ WiMAX と UQ mobile を提供するUQコミュニケーションズ

UQ Communications

認定開設計画の前倒し達成について

 

2012年12月3日
UQコミュニケーションズ株式会社

 

認定開設計画の前倒し達成について
-人口カバー率は約94%へ-

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 野坂 章雄、以下UQ)は、2007年12月21日に総務大臣から2.5GHz帯周波数を使用する特定基地局開設計画(以下開設計画)の認定を受けて以来、WiMAXサービスの利便性と品質の向上に努めてまいりました。

積極的なエリア展開の結果、2012年11月30日をもって開設計画において計画した全1,161市町村(*1)のエリアカバーを完了(*2)し、人口カバー率は約94%(*3)となりました。また、2012年11月末現在の屋外基地局設置数は21,340局で、開設計画における2012年度末の屋外基地局計画数18,600局を大幅に前倒しで達成しましたので、お知らせいたします。

契約者数は、開設計画2012年度末の325万加入に対し2012年11月末現在で385万加入を超え、2012年7月から単月黒字に転じたことから、2012年度での単年度黒字化はほぼ確実に達成できる見込みです。

また、2012年11月末時点でMVNOは59社、WiMAXチップセット内蔵のノートPCは10メーカーから累計330機種が発売され、BWAサービスとしてのネットワークのオープン化にも寄与しています。

今後は、更なる高速インターネットサービスを提供すべく、既に整備された日本全国規模のWiMAXエリアとシームレスに利用できる次世代WiMAXサービス「WiMAX 2+(「ワイマックスツープラス」(仮称))」の導入について検討を進めます。

UQは、データ通信量の増大に伴う周波数逼迫に対し、総務省に新たな20MHz幅の周波数割当を求めており、次世代WiMAXサービス「WiMAX 2+」をその新規周波数帯域に導入していきたいと考えております。

詳細は 別紙 をご覧ください。

UQは、今後もお客様に「より速く、より広く、より快適」なWiMAXサービスをご利用いただけるようWiMAXでインターネットの新たな可能性をご提案し、サービスの充実およびエリアの拡大につとめてまいります。

 

  • (*1) 2007年8月10日時点における行政区画。
  • (*2) 福島第一原子力発電所事故による計画的避難区域(1町)を除く。
  • (*3) 市町村の役場が所在する地点における通信が可能か否かを基に算出。

 

以上

本件に関するお問い合わせ先

報道機関

UQコミュニケーションズ
渉外部 広報グループ
E-mail :pr@uqc.jp

お客様

UQお客様サポートセンター

フリーコール:0120-929-818

  • ※携帯・PHSからもご利用可
    9:00 - 21:00(年中無休)
  • (注)迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を変えています。
    「@」(全角)を「@」(半角)に置き換えてご利用下さい。
  • ※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

 

お申し込み