UQ mobile(UQ モバイル) と UQ WiMAX(UQ ワイマックス)を提供する
UQコミュニケーションズ

快適なサービスエリアを目指して

UQコミュニケーションズ(以下 UQ)は日々電波状況の調査等を行い、お客様がより快適にご利用いただけるような環境作りを目指しています。

基地局建設の工期短縮への取り組み

UQでは、既存のWiMAX基地局に設備を追加・交換することでWiMAX 2+に対応できるよう設備の効率化を図るなど工期の短縮に努めています。こうした取り組みにより、WiMAXを立ち上げた2009年当時に比べてWiMAX2+では2倍以上の速さで急速にサービスエリア化を進めております。今後も更なるスピードアップに向けて継続して取り組んでまいります。

エリア品質改善の取り組み

UQでは、サービスエリア内の通信品質の改善に取り組み、つながりにくい場所をなくすよう対策を行っています。

対策の様子

様々な地図データを駆使しながら、適切な基地局建設ポイントを選び、サービスエリアの設計を行っています。
また、サービスエリア内で電波の手薄な地域を見つけ、追加の基地局を設置することで、通信品質の改善を図っています。

さらに、お客様からいただいたエリアのご要望も地図に落とし込み、改善ポイントとして活用させていただきます。

お聞かせくださいWiMAXのエリアについて

エリアごとの状況に応じた基地局の増設で、通信品質を改善

アーケードや路地などへの対策

超小型基地局
(名刺とのサイズ比較)

主要道路だけではなく、アーケード街や路地などのストリートでもWiMAXが使えるように、超小型基地局を設置してエリアをカバーしています。

よくあるご質問

最新のサービスエリア情報はどこでわかりますか?

サービスエリアマップは毎月情報を更新しております。また、「速報!エリア拡充情報!」では毎週 1~2回、最新情報を速報で掲載しております。
サービスエリアマップはこちら
速報!エリア拡充情報!はこちら

自宅が使用できるかを調べられますか?

お客様がお使いになられるご自宅やオフィス等、特定の場所のサービスエリアを「○△×」でエリア判定できる「ピンポイントエリア判定」がございます。
エリア判定はこちら

実際にご利用なさる場所でご使用可能かどうか15日間お試しいただけるTryWiMAXサービスもご用意しておりますのでご活用ください。
Try WiMAXはこちら

WiMAX 2+で、期待していた速度がでません。何が原因ですか?

通信方式、受信環境、接続方法、利用機器などさまざまな要因で通信速度が低下する場合があります。
より高速に、安定してご利用いただくための確認ポイントや、パソコン等の設定について「実効速度が出ない場合は」をご確認ください。

「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」とは何ですか?

「ハイスピードモード」とは、下り最大440Mbps ※1 のWiMAX 2+と、WiMAXで利用できるモードです。
「ハイスピードプラスエリアモード」とは、下り最大440Mbps ※1 のWiMAX 2+と、エリアが広いau 4G LTE ※2 を利用できるモードです。

  1. 上記の速度は、システム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。実際の通信速度は、通信環境や混雑状況などに応じて低下します。下り最大440Mbps対応エリアの情報は、エリアマップを参照ください。
  2. auの4G LTEは、国際電気通信連合(ITU)がLTEを「4G」と呼称することを認めた声明に準じております。
    ハイスピードプラスエリアモードを設定された月は別途LTEオプション料1,005円/月がかかります。日割りはいたしません。
キャリアアグリゲーションとはなんですか?4×4MIMOとはなんですか?

キャリアアグリゲーションとは、下り最大220Mbpsエリアの2つの電波を束ね、下り最大440Mbpsの超高速通信を実現する技術です。
詳細はこちらをご確認下さい

4×4MIMOとは、データの送信側(基地局)と受信側(ルーター)のそれぞれに4本のアンテナを搭載し、WiMAX 2+エリアでの通信時に、複数のデータを同時に送受信することで、下り最大440Mbpsの超高速通信を実現します。
詳しくはこちらをご覧ください

お申し込み