UQ mobile(UQ モバイル) と UQ WiMAX(UQ ワイマックス)を提供する
UQコミュニケーションズ

サービス品質向上への取り組み

UQコミュニケーションズでは、さらなる速度の向上やサービス品質向上のために、さまざまな取り組みや施策を行っています。

サービス品質の向上

屋内利用環境向上

WiMAX電波の送信出力向上とWiMAX製品のアンテナ増幅向上により、従来圏外だった場所がエリア化されたり、弱電界エリアでの速度向上を目指しています。

  • 電波が弱かった家の隅で速度向上!

  • 繋がらなかったガレージがエリア内に!

補足:なぜ品質改善できたの?

WiMAXに関する電波法設備規則が「出力電力を2倍(200mWから400mW)に」「端末アンテナ利得向上(2dBiから5dBi以下)」と改定されたことにより、送信出力やアンテナ増幅能力を強化できるようになりました。

例えば、メガホンを使って応援する場合、”声を大きくする”(=出力のUP)ことで音量を上げ、さらに”メガホンを大きくする”(利得の向上)ことで、より大きく拡声できるのと同じ原理です。

このような絶え間ない技術革新で、今後も「よりつながるWiMAX」を目指していきます。

つながりやすさの維持・向上

UQコミュニケーションズでは、常にWiMAX基地局の監視を行っています。将来の混雑状況を予測し、WiMAX基地局を増設することにより、つながりやすいWiMAXサービスの提供に努めています。

例1:
混雑がないAエリアは現状のままの一方、混雑が予想されるエリアBを、エリアBとCの2つに分割

例2:
駅など、特に人が集まるスポットを対策

繁華街などの、特に人が多く集まる場所に、小型基地局を設置することでつながりやすさの維持・向上に努めております。すでに、新宿、渋谷、池袋では対策を実施しており、今後も拡充を進めてまいります。

バッテリー持ち時間の向上

スマートフォンやモバイルルーターを利用する際に気になるのは、バッテリーの持ち時間。これを大きく向上させる取り組みが行われています。

補足:どうしてバッテリーの持ち時間が長くできるの?

スマートフォンやモバイルルーターを利用する際に気になるのは、バッテリーの持ち時間。これを大きく向上させる取り組みが行われています。

バッテリーの持ち時間を長くするため有効なのが、WiMAX製品が通信していない状態(Idle Mode)では、電源利用を制御し、消費電力を最適化する技術です。

例えば、AC電源で動作する機器は電池持ちを気にしなくてもよいため、短時間間隔で待受けをしますが、バッテリーで動作するスマートフォンやモバイルルーターは待受け間隔を長くすることで、連続動作時間を延長するというものです。待受け間隔の省電力パラメーターを適用すると、バッテリー動作時間は最大2倍になることが期待されます。

よくあるご質問

最新のサービスエリア情報はどこでわかりますか?

サービスエリアマップは毎月情報を更新しております。また、「速報!エリア拡充情報!」では毎週 1~2回、最新情報を速報で掲載しております。
サービスエリアマップはこちら
速報!エリア拡充情報!はこちら

自宅が使用できるかを調べられますか?

お客様がお使いになられるご自宅やオフィス等、特定の場所のサービスエリアを「○△×」でエリア判定できる「ピンポイントエリア判定」がございます。
エリア判定はこちら

実際にご利用なさる場所でご使用可能かどうか15日間お試しいただけるTryWiMAXサービスもご用意しておりますのでご活用ください。
Try WiMAXはこちら

WiMAX 2+で、期待していた速度がでません。何が原因ですか?

通信方式、受信環境、接続方法、利用機器などさまざまな要因で通信速度が低下する場合があります。
より高速に、安定してご利用いただくための確認ポイントや、パソコン等の設定について「実効速度が出ない場合は」をご確認ください。

「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」とは何ですか?

「ハイスピードモード」とは、下り最大440Mbps ※1 のWiMAX 2+と、WiMAXで利用できるモードです。
「ハイスピードプラスエリアモード」とは、下り最大440Mbps ※1 のWiMAX 2+と、エリアが広いau 4G LTE ※2 を利用できるモードです。

  1. 上記の速度は、システム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。実際の通信速度は、通信環境や混雑状況などに応じて低下します。下り最大440Mbps対応エリアの情報は、エリアマップを参照ください。
  2. auの4G LTEは、国際電気通信連合(ITU)がLTEを「4G」と呼称することを認めた声明に準じております。
    ハイスピードプラスエリアモードを設定された月は別途LTEオプション料1,005円/月がかかります。日割りはいたしません。
キャリアアグリゲーションとはなんですか?4×4MIMOとはなんですか?

キャリアアグリゲーションとは、下り最大220Mbpsエリアの2つの電波を束ね、下り最大440Mbpsの超高速通信を実現する技術です。
詳細はこちらをご確認下さい

4×4MIMOとは、データの送信側(基地局)と受信側(ルーター)のそれぞれに4本のアンテナを搭載し、WiMAX 2+エリアでの通信時に、複数のデータを同時に送受信することで、下り最大440Mbpsの超高速通信を実現します。
詳しくはこちらをご覧ください

お申し込み