ホーム / WiMAXとは / 次世代サービス「WiMAX 2+(「ワイマックスツープラス」)」について


次世代サービス「WiMAX 2+(「ワイマックスツープラス」)」について

2013年7月29日、総務省より当社の「特定基地局開設計画」が認定され、当社は新たに20MHzの周波数の割り当てを受けました。これにより、現在使用中の30MHzと合わせた連続50MHzの周波数を用いた超高速モバイルブロードバンドサービス「WiMAX 2+(ワイマックスツープラス)」の提供が可能となりました。

2013年10月末には、下り110Mbps(※1)のWiMAX 2+サービスをまずは首都圏より開始し、順次全国に展開してまいります。

詳細はこちら

WiMAX 2+の特徴


柴山昌彦総務副大臣(左)から認定書を受領するUQコミュニケーションズ野坂章雄社長(右)

  • 1超高速モバイルブロードバンドサービス
    40Mbps⇒110Mbps⇒220Mbpsと超高速スピードを実現
  • 2WiMAX(802.16e)とのシームレスな
    サービスを維持

    WiMAX 2+対応デバイスは、現在のWiMAXも利用可能
  • 3周波数利用効率の更なる拡大
    ネットワークキャパシティの向上
  • 4TD-LTE方式との互換性確保によるエコシステム構築
    端末や設備等をより安価に調達
  • 5高速モビリティ機能の拡大
    時速350kmでの高速大容量通信を実現
  • ※1WiMAX 2+対応ルーターの購入が必要となります。表記の通信速度はシステム上の最大速度となります。通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況などに応じて変化します。

超高速化の実現

今後のエリア展開スケジュール(予定)

時期(予定) 対応エリア
2013年10月末 環状7号線(東京都道318号線)内
2013年度末 関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の一部、
中部(愛知県)の一部、
関西(大阪府、京都府、兵庫県)の一部
2014年7月末 北海道の一部、
東北(宮城県)の一部、
関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の一部、
中部(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県)の一部、
関西(大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、兵庫県)の一部
中国(広島県)の一部、
九州(福岡県)の一部
2014年度末 全国主要都市

WiMAX 2+対応製品


Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15

詳しくはこちら


Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11

詳しくはこちら


Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14

詳しくはこちら

WiMAX 2+ 記者発表会動画

2013年9月30日に行われた、WiMAX 2+ 記者発表会映像を資料と共にご紹介しています。