1. 接続優先度設定機能

接続優先度設定機能

設定方法

My UQから設定してください。
「ご契約内容」メニュー → 機器契約情報照会/変更 → 機器契約情報照会(対象料金契約の選択) → 機器契約情報変更(対象機器の選択) → WiMAX接続優先度

設定にあたって料金は発生しません(機器追加オプション利用料に含まれます)

  • 設定変更前 機器追加時点では全て「標準」になっています。
  • 設定変更後 優先順位は機器単位で3段階(高い・標準・低い)に設定可能です。

動作イメージ

下記1〜3をクリックすると説明画像が切り替わります。

  1. 1 接続優先度が同じ機器が同時に接続しようとした場合(デフォルト)
  2. 2 接続優先度が高い機器が後から接続してきた場合
  3. 3 接続優先度が低い機器が後から接続してきた場合

1 接続優先度が同じ機器が同時に接続しようとした場合(デフォルト)

後から開始したWiMAX搭載機器の接続が成功し、先に接続していたWiMAX搭載機器は切断されます。但し、切断された機器が再度接続してくる場合は、接続を維持することができません。

2 接続優先度が高い機器が後から接続してきた場合

接続優先度が高い機器が後から接続してきた場合

後から開始したWiMAX搭載機器の接続が成功し、先に接続していたWiMAX搭載機器は切断されます。切断された機器が再度接続してきたとしても、保留になるため接続は維持されます。

3 接続優先度が低い機器が後から接続してきた場合

接続優先度が低い機器が後から接続してきた場合

後から開始したWiMAX搭載機器の接続は保留になります(先に接続していた機器は切断されず、そのまま接続中になります)。先に接続していたWiMAX搭載機器の接続が終了した後に再接続すると、インターネット接続できるようになります。

保留状態について

  • ・ユーティリティ上や、機器のLED等では、WiMAX接続がされているように表示されます。
  • ・ブラウザーを起動すると、インターネット上のサイトに代わり以下のような画面が表示されます。

保留状態におけるWiMAX接続について
他の機器の接続終了後、自動的にインターネット接続が復旧できるよう、一定時間毎にネットワークから切断されます。
(切断時に画面を操作していた場合はエラーになることがあります)

ご利用例

1 WiMAX Speed Wi-Fiに繋いだスマートフォンから重要なビデオ中継をするので、うっかり他の機器から切断されないようにしたい。

WiMAX Speed Wi-Fiの優先度を上位にすることで、常に優先して接続を確保できます。

設定方法

2 外出先でWiMAXパソコンを利用しようとしたら、自宅に置いてきたWiMAX Speed Wi-Fi(ルータ)が自動接続してきて切断されてしまう。

外出先で利用する方の優先度を上位にすることで、使い分けができるようになります。

設定方法

ご注意事項

  • ・My UQからWiMAX搭載機器を削除して、再度登録し直した場合は、接続優先度はデフォルト(標準)に戻ります。
  • ・料金プランを解約した場合は、接続優先度はデフォルト(標準)に戻ります。
  • ・接続優先度は相対的な高低で判定されます。全ての機器が「標準」の場合と、全ての機器が「高い」または「低い」の場合は、同じ動作になります。
  • ・ご利用の機器の設定内容・仕様によっては、意図した動作が得られない場合があります。
  • ・切断操作をせずにWiMAXの利用が終了した場合、機器がWiMAXに接続されていなくても一定時間ネットワーク側で接続中と認識されたままになることがあります。この場合、該当機器で再度接続・切断操作を行っていただくか、保留状態の機器から該当機器に切断操作を行っていただくことで状態をクリアすることができます。