目次 > 第3章

←前へ | 次へ→

第3章 無線LAN端末を接続する

無線LAN端末を接続するには、以下のいずれかの方法でを行います。

3.1. WPS機能を使って接続する
接続する無線LAN端末がWPS対応機器の場合はこちらの方法で接続します。

3.2. 暗号化キーを使って手動で接続する
WPS対応機器以外の無線LAN端末を接続する場合は、こちらの方法で接続します。ここでは、暗号化方式としてWEP(Wired Equivalent Privacy)またはWPAを使用している場合の接続方法を説明します。

メモ:ゲーム機器を接続する場合は、ゲーム機器に付属の取扱説明書に従って設定してください。

メモ:LANケーブルでパソコンを接続したい場合は、「4.2. 有線LANでパソコンを接続したい」を参照してください。

このページの先頭へ

3.1. WPS機能を使って接続する

WPS(Wi-Fi Protected Setup)機能を使うと、無線LAN通信を簡単に設定することができます。本装置には、WPS機能を使うためのWPSボタンが装備されています(本装置右側面)。

注意WPS機能は接続するLAN端末(パソコンやゲーム機など)がWPS対応機器でない場合は、ご利用になれません。接続する機器に添付されている説明書でご確認ください。

メモ:

このページの先頭へ

接続する無線LAN端末がWPS対応機器の場合は、プッシュボタン方式またはPINコード方式のいずれかの方法で接続することができます。

●プッシュボタン方式で接続する

ここでは、ボタンを押すだけで無線LAN通信のセキュリティー設定が完了する、プッシュボタン方式の手順について説明します。

メモ:相手側の無線LAN端末機器がWPSプッシュボタン方式に対応している場合は、この方法で接続します。

注意以下の手順は、本装置と無線LAN端末を近づけた状態で行ってください。

1.接続する無線LAN端末機器を起動します。

メモ: 無線LAN 端末機器の操作については、無線LAN 端末機器に添付されている説明書を参照してください。

2.本装置右側面のWPSボタンを1秒以上押し続けて離します。

注意WPSランプが点滅を始めたら、2分以内に次の手順を行ってください。

3.無線LAN端末機器から、WPSの接続を開始します。

無線LAN端末にもWPSプッシュボタンがある場合:
無線LAN機器のWPSボタンを押します。

無線LAN端末にWPSプッシュボタンがない場合:
無線LAN端末に付属のソフトウェア(クライアントソフトウェア)を使ってWPSを開始します。

注意WPSの接続開始の手順は、メーカーや機種ごとに異なります。 無線LAN端末に添付されている説明書をご確認ください。

4.正常に完了し、WPSランプが点滅状態から点灯に切り替わることを確認します。

WPSランプはWPS機能の状態を示します。WPS機能を使用するときに、点滅・点灯します。

WPSランプ

WPSの状態

消灯

非動作中

緑 点滅
(遅い点滅)

WPS実行中

緑点灯
(300秒)

WPS成功

緑 点滅
(速い点滅)

WPS失敗

 

注意WPSランプが緑色で速い点滅をしている場合は、WPSでの接続が失敗しています。再度、操作をやり直してください。

 

以上で、プッシュボタン方式での接続は完了です。

このページの先頭へ

●PINコード方式で接続する

ここでは、PINコードを入力するだけで無線LAN通信のセキュリティ設定が完了する、PINコード方式の手順について説明します。

この方法では、本装置の設定画面「第5章 設定画面の各機能」参照)と、無線LAN端末に付属のソフトウェア(クライアントソフトウェア)を使って接続します。以下の手順で操作してください。

メモ:

PINコード方式には、無線LAN端末のPINコードを使用する方法と、本装置のPINコードを使用する方法があります。

無線LAN端末のPINコードを使用する方法:

1.無線LAN端末のクライアントソフトウェアを起動します。

2.本装置の設定画面を起動し、左ペインのメニューから[WPS]をクリックします。

3.無線LAN端末のクライアントソフトウェアで無線LAN端末のPINコードを表示させます。

4.[無線LAN端末のPINコードによる接続]欄の[開始]ボタンをクリックします。

5.表示された画面の[無線LAN端末のPINコード]に、無線LAN端末のクライアントソフトウェアに表示されたPINコードを入力し、[接続」をクリックします。

メモ:PINコードは2分以内に入力してください。

正常に完了すると、以下の画面が表示されて本装置が再起動します。

 

以上で、無線LAN端末のPINコードを使用したPINコード方式での接続は完了です。

このページの先頭へ

本装置のPINコードを使用する方法:

1.無線LAN端末のクライアントソフトウェアを起動します。

2.本装置の設定画面を起動し、左ペインのメニューから[WPS]をクリックします。

3.[GW装置のPINコードによる接続]欄の[開始]ボタンをクリックします。

4.表示された画面の[GW装置のPINコード]欄のPINコードを、無線LAN端末のクライアントソフトウェアに入力し、[接続」をクリックします。

メモ:PINコードは2分以内に入力してください。

正常に完了すると、以下の画面が表示されて本装置が再起動します。

 

以上で、GW装置のPINコードを使用したPINコード方式での接続は完了です。

このページの先頭へ

目次第3章 > 3.1.

←前へ | 次へ→