• MYUQ

一人暮らしに必要な費用はいくら?節約しやすいポイントも解説

一人暮らしに必要な費用はいくら?節約しやすいポイントも解説 一人暮らしに必要な費用はいくら?節約しやすいポイントも解説

一人暮らしを始めたいと思っても、「毎月どれくらいの費用がかかるのだろう」「引っ越しにお金はいくら用意すれば良い?」と不安を感じる方もいるのではないでしょうか。

本記事では、一人暮らしで毎月かかる費用の内訳や引っ越しにかかる費用、家電や家具にかかる費用、節約につながる見直しポイントをご紹介します。

一人暮らしの費用内訳は?

一人暮らしをする時に、「1ヶ月でどれくらいかかるの?」という点は気になるところです。

総務省が公表している「家計調査 家計収支編 単身世帯※1」によると、2021年の単身世帯における1ヶ月あたりの消費支出は、平均で155,046円※1となっています。

また、一人暮らしの費用内訳の代表的なものには、以下のような費用があります。

それぞれ、どのような費用でどれくらいの金額がかかるのか詳しく見えていきましょう。

  • 家賃
  • 食費
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 教養娯楽費
  • 被服費

家賃

家賃は一人暮らしで住むアパートやマンションを借りる時の1ヶ月にかかる費用です。家賃は物件の間取りや築年数、立地や地域によって大きく変わります。

一般的に、家賃は毎月の収入の約3分の1以内が適正といわれる金額です。例えば、月の手取り収入が20万円であれば66,000円程度、月の手取り収入が25万円であれば83,000円程度が家賃の目安と考えることができます。

食費

食費は、一人暮らしの食事にかかる食材や調味料などの購入費用です。総務省のデータ(2021年4月~12月期)によると、単身世帯の1ヶ月における食費の平均は37,000〜42,000円前後※2を推移しています。

食事は毎日を健康的に過ごすために欠かせないもの。一方、工夫することで節約できる部分でもあります。食生活のバランスを考えつつ節約の工夫も検討してみましょう。

水道光熱費

水道光熱費は、生活に必要な水道や電気にかかる費用のことです。一般的に、電気料金やガス料金、水道料金などが水道光熱費に含まれます。

総務省のデータ(2021年)によると、単身世帯の1ヶ月における水道光熱費の平均は11,383円※3でした。水道光熱費の目安は、お住いの地域や利用している会社により異なるので、11,000円程度と考えておきましょう。

通信費

通信費は携帯電話の料金やネットの利用にかかる費用です。総務省のデータ(2021年)によると、ネットを除く通信費の目安は6,000円程度※4です。

実際には、スマホなどの携帯電話のほかに、ネットを利用する方もいます。一般的なネット料金の平均は4,000円〜5,000円程度のため、スマホとネットをあわせた通信費は、6,000円〜11,000円程度と考えておきましょう。

自宅でネットも利用しようと思っている方は、11,000円程度と幅を持った予算設定にすることをおススメします。

スマホとセットでおトク au・UQ mobile スマホ料金が永年割引 WiMAX +5G 条件等詳しくはこちら

教養娯楽費

教養娯楽費は教養や娯楽、趣味などにかかる費用です。一般的に、教養娯楽費には語学学習の月謝、旅行費、映画、音楽、ゲーム、書籍、漫画、スポーツなどで支払った費用が含まれます。

総務省のデータ(2021年4月~12月期)によると、単身世帯の1ヶ月における教養娯楽費の平均は17,000円前後※5です。

被服費

被服費とは、身に着けるものにかかる費用です。シャツやズボンなどの洋服、スニーカーやサンダルなどの履物などの費用があります。

総務省のデータ(2021年4月~12月期)によれば、単身世帯における1ヶ月の被服費の目安は5,000円程度※6です。

引っ越し費用はどれくらいかかる?

一人暮らしをする場合、マンションやアパートの賃貸借契約にかかる費用や引っ越し業者に支払う費用が必要です。ここでは、一人暮らしの引っ越しで必要な費用相場をご紹介します。

敷金礼金の相場

敷金とは、物件を借りる時に大家に預ける保証金の意味合いがあるお金です。また、礼金は謝礼として物件を借りる時に大家に支払います。敷金と礼金は、どちらも家賃の1ヶ月分が目安です。

なお、敷金は原状回復にかかった金額以外の部分は退去時に返還されますが、礼金は謝礼のため返還されません。そのほか、敷金や礼金が設定されていない物件もあります。

仲介手数料の相場

仲介手数料は、アパートやマンションを紹介してくれた業者に支払う手数料です。仲介手数料の相場は家賃の0.5ヶ月〜1ヶ月分です。

法律により仲介手数料の上限は家賃の1ヶ月+消費税と定められているので、それ以上の仲介手数料が設定されている場合には注意が必要です。

引っ越し業者の相場

引っ越し業者にかかる費用は、繁忙期・閑散期や土日・平日などの時期、引っ越しにかかる移動距離、荷物の量などで変わります。

引っ越しの費用を抑えたい場合は、運べる荷物は自家用車などで運ぶ、繁忙期を避けるなどの方法を検討すると良いでしょう。

新生活を快適に おうちのWi-Fi コンセントさすだけ WiMAX +5G 5Gは一部エリアで提供 条件等詳しくはこちら

UQ WiMAXをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

一人暮らしをスタートする時に揃えるもの

一人で生活する時には、さまざまな家電や家具を揃える必要があります。一人暮らしをスタートする時に必要なものを以下で解説します。

一人暮らしをスタートする時に揃えておきたい家電

  • 冷蔵庫
  • 炊飯器
  • 掃除機
  • 照明器具
  • エアコン
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • テレビ

あると便利な家電

  • アイロン
  • 電気ケトル
  • ドライヤー
  • トースター
  • 電気シェーバー

上記は一般的なケースを想定した分類です。ご自身のライフスタイルや予算に合わせて必要な家電を準備しましょう。

特に、物件によっては照明器具が備わっていない部屋もあるので、照明器具の有無は事前に確認しておきましょう。

家具

一人暮らしで必要な家具には、以下のようなものがあります。

一人暮らしをスタートする時に揃えておきたい家具

  • カーテン
  • ベッド
  • 布団
  • テーブル
  • 収納タンス、収納ケース

あると便利な家具

  • ソファー
  • カーペット、ラグ
  • 作業用のデスク
  • ダイニングテーブル

こちらも一般的なケースを想定して分類しているので、ご自身で必要なものを優先して準備しましょう。例えば、和室で畳の物件であれば、ベッドの優先順位は低くなる場合があります。

なお、カーテンがないと生活が不便なため、物件にカーテンがない場合は忘れずに準備する必要があります。また、家具は後からでも買い足せるので、必要最低限のものから一人暮らしをスタートする方法も1つの手段です。

一人暮らしの費用を節約するには?

一人暮らしを始める時には、ご紹介してきたようにさまざまな費用がかかります。そのため、初めのうちはできるだけ費用を抑えたいところです。ここでは、一人暮らしの費用を節約する方法をご紹介します。

食費をおさえる

外食を控え、自炊することで食費の節約が可能です。スーパーの特売日やセール日に安い食材をまとめ買いし、冷蔵庫や冷凍庫に小分けして保存しておくと、食事にかかる費用をおさえられます。

ただし、初めて料理をする方にとって、いきなり毎日自炊をすることはハードルが高い場合もあります。その場合は、野菜炒めやカレーライスなど、手間がかからない料理から始めてみると、負担を軽くすることが可能です。

また、たまに外食をする、休みの日に作り置きをしておくなどの工夫をすると、自炊のストレスを抑える効果が見込めます。

水道光熱費を見直す

一人暮らしの節約には、水道光熱費の見直しも有効です。電気、ガス、水道の無駄遣いをしていないか見直してみましょう。見直しのポイントには以下のようなものがあります。

  • 待機電力を使っていないか
  • エアコンの設定温度が高すぎ(低すぎ)ないか
  • 冷蔵庫の開閉時間が長くないか
  • シャワーを流しっぱなしにしていないか
  • ガス給湯器の設定温度が高すぎではないか
  • 食器を洗う時に水を流しっぱなしにしていないか

また、近年では電力やガスの自由化が進み、電力会社やガス会社のなかから希望する会社・プランを選択可能です。

お住いの地域で利用できる電力会社やガス会社を調べ、会社やプランを見直すと、水道光熱費を節約できる場合があります。

通信費用を見直す

スマホやネットの料金など、通信費用の見直しも節約の1つの手段です。

例えば、スマホとネットを1つにまとめることで割引が適用されるセット割を提供する通信会社もあります。

現在利用している通信会社のプラン内容を確認し、より費用を抑えて利用できる通信会社がないか調べてみても良いでしょう。

スマホとセットでおトク au・UQ mobile スマホ料金が永年割引 WiMAX +5G 条件等詳しくはこちら

お得にネットを利用するならUQ WiMAXがおススメ

一人暮らしをするためには、家賃や食費、水道光熱費や通信費などさまざまな費用がかかります。また、引っ越し費用や生活に必要な家電・家具の購入費用など、初期費用が必要です。

事前にどのような費用がどれくらいかかるかシミュレーションしておくと、実際に一人暮らしをする時に役立ちます。一人暮らしを始めたら、食費や水道光熱費などを節約し、家計の負担を軽減するように工夫してみましょう。

なお、通信費を抑えてお得にネットを利用したい方にはUQ WiMAXがおススメです。

UQ WiMAXには、対象のスマホとセットで利用する「自宅セット割」があります。

例えば、UQ WiMAXとUQモバイルのくりこしプランS +5G(3GB)※7場合、自宅セット割の適用を受けると、UQモバイルのスマホの割引前1,628円(税込)/月〜が1回線目から990円(税込)/月〜となりとてもお得です。

UQ WiMAXのギガ放題プラス ホームルータープラン/ギガ放題プラス モバイルルータープランに、「WiMAX +5G はじめる割」を適用すると割引前4,950円(税込)/月が25ヶ月間は4,268円(税込)で利用できます。

UQ WiMAXとUQモバイルのくりこしプランS +5G(3GB)のセットなら、割引前6,578円(税込)/月〜が、5,258円(税込)/月〜とお得に利用可能です。

また、UQ WiMAXは自宅に設置するホームルーターと持ち運びが可能なモバイルルーターの2つのラインナップから選べ、どちらも工事不要ですぐにWiFiが使えます。

引っ越しが多い方や手軽にネットを利用したい方におススメです。お得にネットを利用したい方は、この機会にUQ WiMAXを検討してみてはいかがでしょうか。

新生活を快適に おうちのWi-Fi コンセントさすだけ WiMAX +5G 5Gは一部エリアで提供 条件等詳しくはこちら
  • ※本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
  • 「WiFi」はWiFi Allianceの登録商標です。

UQ WiMAXをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

WiFi関連記事

WiMAXへの乗り換えガイド モバイルネットは、WiMAXに決まり! あなたの疑問解決します!
おうちのネットはWiMAXに決まり! あなたの疑問解決します!
おうちのWi-Fi コンセントさすだけ! WiMAX+5G ※5Gは一部エリアで提供 条件等詳しくはこちら
15日間無料でお試し Try WiMAX 条件等詳しくはこちら
期間限定のおトクな情報も満載 キャンペーン・おトク情報