• MYUQ

スマホの寿命は何年ぐらい?劣化のサインや長持ちさせる使い方を解説!

スマホの寿命は何年ぐらい?劣化のサインや長持ちさせる使い方を解説! スマホの寿命は何年ぐらい?劣化のサインや長持ちさせる使い方を解説!

近年のスマホは機能性が高く、その分価格も高額になってきています。そのため、「できるだけ長く使いたい」と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、スマホは使用期間が長くなるほど故障やトラブルが起きやすくなるため、定期的に買い替える必要があります。また、使い方によってはスマホの寿命を縮めてしまうため、正しい使い方を知っておくことも大切です。

この記事では、スマホの平均寿命をはじめ、寿命が近づいているサインや寿命を縮める使い方、寿命が近づいた際にやっておくべきことを紹介します。

スマホの寿命は何年くらいなのか?

スマホの寿命は使用期間だけでなく、使用状況や環境などによっても変わります。そのため、スマホ本体の寿命とバッテリーの寿命に分けて考えるとよいでしょう。

バッテリーの目安となる寿命

バッテリーの平均寿命は約2年といわれています。ただし、バッテリーは使用状況や環境によって寿命の長短が変わりやすいため、1年未満で交換が必要になる場合もあれば、3年以上使用できるケースも少なくありません。

一般的に、スマホに使用されているリチウム電池は300回の充電で7~8割程度、500回の充電で5~7割程度に劣化するといわれています。そのため、毎日充電した場合は使用後1年半頃が交換の目安となり、長く見積もっても2年ほどで寿命を迎えると考えられます。

内閣政府の発表では平均使用年数は4.3年

2021年3月に公表された内閣府の「消費動向調査」によると、スマホやタブレットの平均使用年数は4.3年です。

買い替え理由としては「故障」が36.5%で最も多く、その次が「上位品目への移行」で33.8%となっています。故障の原因や上位品目へ移行する理由はさまざまですが、寿命によるトラブルや不具合が起因になっている可能性も十分に考えられます。

この数値にはガラケーも含まれているため正確ではありませんが、スマホの寿命はバッテリーを含めおおむね2~5年です。

スマホ・バッテリーの寿命が近づいている5つのサイン

スマホやバッテリーは、寿命が近づくにつれて不具合が出やすくなります。特に以下の事象は寿命が近づいている可能性が高いため、目安にしてみるとよいでしょう。

スマホ自体の寿命が近づいているサイン

スマホ本体の寿命が近づくと、以下のような不具合が出やすくなります。

スマホの動作が重い

スマホに負荷がかかったり、経年劣化したりすると、処理能力が低下し動作が重くなります。スマホの負荷は不要なアプリやデータを削除することで軽減できますが、それでも動作が重い場合は寿命が近づいている兆候です。

OSやアプリのインストールができない

スマホのOSやアプリは最新機種を念頭に制作されているため、機種が古くなると対応していないOSやアプリが増えます。したがって、インストールできないOSやアプリが出てきたら寿命が近づいている証拠です。

また、OSのアップデートが非対応になってしまうとセキュリティ面のリスクも高くなるため、早めに買い替えを検討する必要があります。

バッテリーの寿命が近づいているサイン

バッテリーの寿命が近づくと、以下のような不具合が出やすくなります。

充電したのにすぐに電池が切れる

バッテリーの劣化が進むと充電できる量が減るため、満タンに充電してもすぐに電池が切れてしまいます。

そのため、普段と変わらない使用頻度であるにも関わらず、電池の減りが早く充電回数が増えた場合は、バッテリーの寿命が近づいているサインです。

また、電池の減りが早い原因としてはスマホの処理能力の低下も挙げられますが、これもスマホ本体の寿命が近づいているサインと考えられます。

バッテリーの膨張・発熱

バッテリーの劣化が進むと、バッテリー自体が膨張したり発熱したりすることがあります。そのため、スマホの歪みや液晶の不具合、高熱を発している場合などは、バッテリーの寿命が近い証拠です。

特に発熱については、電池の減りが極端に早くなるほか、そのまま使い続ければ本体の故障にもつながるため、早めに交換・買い替えを行いましょう。

電源が勝手に落ちたりフリーズしたりする

バッテリーの劣化が進むと、急に電源が落ちたり、画面がフリーズしたりすることが多くなります。特に、画面がフリーズしてしまうのは処理能力が低下している状態であることから、バッテリーだけでなく本体の寿命も近づいている可能性が高いといえます。

そのため、これらの事象はバッテリー交換では改善せず、買い替えが必要になるケースも少なくありません。

UQモバイルをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

スマホ・バッテリーの寿命を縮めてしまう使い方

スマホの寿命は、どのような使い方をするかで大きく変わります。何気ない行為がスマホの寿命を縮めているケースもあるため、普段の使い方を見直すことが大事です。

スマホ自体の寿命を縮めてしまう使い方

スマホ本体の寿命を縮める行為としては、以下が挙げられます。

高い場所からのスマホの落下や高温環境での使用

スマホは精密機器のため、衝撃は故障や寿命に直結します。たとえ外傷がなかったとしても、内部が破損しているケースもあるため、できるだけ衝撃を与えないようにすることが大切です。

またスマホは高温環境に弱く、温度の高い場所での使用や充電はバッテリーの劣化を招き、寿命を縮める原因となります。そのため、夏場の車内に放置することや、入浴中の使用も避けるようにしましょう。

バッテリーの寿命を縮めてしまう使い方

バッテリーの寿命を縮める行為としては、以下が挙げられます。

充電をしながらのスマホ操作

充電中にスマホを操作すると、電池の消費と充電が同時に行われ、バッテリーの寿命を縮めてしまいます。

また、バッテリーが発熱して電源が落ちたり、操作が重くなったりする熱暴走も起こりやすくなるため、充電中は操作しないようにしましょう。

充電中に操作をする場合は、スマホのケースを外して熱を逃がしやすくする、いったん充電器から外して使用するなどの工夫が大切です。

バッテリー残量0からの充電

バッテリー残量0の状態を「過放電」と呼び、スマホに使用されるリチウムイオン電池は過放電の状態が長くなるほど電極が傷んでしまいます。

また、バッテリー残量0の状態から100まで一気に充電する行為は、バッテリーへの負担も大きくなります。そうなるとなかなか充電されなくなったり、バッテリーの寿命が短くなったりするため、0%になる前に充電することが大切です。

できれば、バッテリー残量20~80%を維持するよう心がけましょう。

純正品以外の充電器でのスマホ充電

スマホの充電器にはさまざまな種類がありますが、なかには電気供給が適切に行えない充電器もあります。正しい電圧で充電を行わないと過充電の状態になり、バッテリーに負荷がかかってしまいます。

そのため、スマホの充電器はメーカー指定の純正品を使用するようにしましょう。

使わないアプリのダウンロード

スマホにダウンロードしたアプリは、使っていない時もバックグラウンドで通信を行っており、知らない間にバッテリーを消費していることも少なくありません。

そのため、使わないアプリはアンインストールし、バッテリーに無駄な負荷をかけないようにしましょう。

またアプリのアンインストール以外に、WiFi・Bluetooth・位置情報・プッシュ通知などをオフにする、自動ロックの時間を短く設定するなどの工夫も効果的です。

スマホの寿命が近づいている際にしておくべきこと

スマホの寿命が近づいてきたら、突然の不具合や故障に対応できるよう準備しておくことが大事です。

スマホデータのバックアップ

突然スマホが故障しデータが破損してしまう可能性もあるため、早めにデータのバックアップをとっておきましょう。SDカードやクラウドサービスを利用すれば、別の端末からでもデータを確認することが可能です。

なお、スマホはいつ故障するかわからないため、できれば日頃からデータのバックアップをとっておくことをおススメします。

保証サービス期間を確認する

保証サービスの期間内や条件に該当している場合は、通常よりも安く修理を行ってもらえる可能性があります。端末のメーカーや契約している会社などの、保証サービスを確認しておくと安心です。

長く利用するならスマホの使い方だけでなく、月々の料金の安さも注目しましょう

スマホを長く使用することを考えると、使い方だけでなく月々の料金も重視したいポイントです。UQモバイルなら、必要な機能やサービスを安く、無駄なく利用できるほか、全国エリアでサポートを受けられます。

UQモバイルには「自宅セット割」があり、対象のネットサービス※1、またはでんきに加入することで、スマホの月額料金をお得に利用することができます。例えば、くりこしプランS +5G(3GB/月)なら、月額1,628円(税込)※1~が翌月からずーっと990円(税込)※1~で利用することができます。自宅セット割は最大10回線まで対象のため、家族全員※2のスマホ代がお得になります。通話量によって選べる3種類の通話オプションもあり、一人ひとりの使い方に合ったプランを選択可能。

なお、余ったデータ容量は翌月に繰り越せるため、無駄なく利用できます※3

契約内容の確認や変更、料金に関わる問い合わせ、スマホ操作などのサポートは、Webや電話はもちろん、全国のUQスポット、au Style、auショップでも対応しているため安心です。

  • ※1 「インターネットサービス」解約時に、ご契約内容、期間に応じて契約解除料が発生する場合があります。
  • ※2 通話料(税込22円/30秒)など別途かかります。5Gは一部エリアでの提供です。別途機種代金、契約事務手数料(税込3,300円)、ユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料などがかかります。
  • ※3 データ容量の消費は、くりこし分→月間データ容量(増量データ容量含む)→追加チャージ購入分の順番に行われます。くりこし上限は、前月の基本データ残容量分までで、当月末まで利用可能です。「くりこしプラン +5G」内で月途中にプラン変更が適用される場合、適用月の月間データ容量は、プラン変更前後でデータ容量の大きい方のプランのデータ容量となります。
  • ※本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
  • Apple、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標はアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
    TM and (C) 2022 Apple Inc. All rights reserved.
  • Androidは、Google LLCの商標です。
  • 「Bluetooth®」は、Bluetooth SIG, Inc. USAの商標または登録商標です。
  • 「au」はKDDI株式会社の登録商標です。
  • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

UQモバイルをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

格安スマホ/格安SIM関連記事

自宅セット割 家族全員おトク!  スマホ1人あたり990円(税込)/月~ 割引前1,628円(税込)/月~ くりこしプランS +5G データ容量3GB/月 5Gは一部エリアで提供。対象のでんき又はインターネット(解除料要)等、契約と別途料金要。家族10回線まで。通話料等別。 条件等詳しくはこちら
UQ mobileへの乗り換えガイド スマホは、UQ mobileに決まり! あなたのギモン解決します!
期間限定のおトクな情報も満載 キャンペーン・おトク情報