• MYUQ

失敗しない格安スマホの選び方!選ぶ際のポイントや人気の高い新機種の価格ランキングを紹介!

失敗しない格安スマホの選び方!選ぶ際のポイントや人気の高い新機種の価格ランキングを紹介 失敗しない格安スマホの選び方!選ぶ際のポイントや人気の高い新機種の価格ランキングを紹介

「格安スマホ」とは、月々の料金を格安で利用できるサービスを指します。料金が安いことで近年急速に広まっている注目度の高いサービスです。
この記事では格安スマホが登場した背景や、メリット・デメリットといった基礎知識、格安スマホの選び方をわかりやすく解説します。

そもそも格安スマホとはどういったものか?

はじめに、格安スマホが誕生した背景や携帯キャリアのスマホとの違い、低価格で使える理由について解説します。

格安スマホが登場した背景

低価格で使える「格安スマホ」が登場した背景を知るには、「格安SIM(シム)」のことを理解する必要があります。

スマホを利用するには、本体内に「SIMカード」という加入者識別用のID番号を登録した小さいカードを挿入しなくてはなりません。日本ではもともと、携帯キャリアが自社販売しているスマホと、自社でしか使えないSIMカードをセットで販売していました。

例えば、Aという通信会社があったとします。A社で購入・契約したスマホは、A社のSIMカードしか認識せず、A社のサービスでしか使えませんでした。この状態のことを「SIMロック」と呼びます。しかし、総務省が2014年12月に改正した「SIMロック解除に関するガイドライン」で、契約者の希望があれば、携帯キャリアでもSIMロック解除が義務化されることになりました。同時に、はじめからSIMロックをされていない「SIMフリー」の端末を持ち、使いたい通信サービスを自由に選べるようになったのです。

そのような流れのなかで次々と誕生したものが、いわゆる「格安スマホ」です。通信回線を持たず、携帯キャリアの回線を借りることで、低価格のサービスを提供するMVNO(Mobile Virtual Network Operator)が急拡大しました。その後、携帯キャリア自体も、オンライン契約に特化したブランドや、低価格で提供するサブブランドを展開し、現在にいたっています。

これまでのスマホと格安スマホの違い

従来型のスマホと「格安スマホ」の大きな違いは、利用料金の価格帯です。

携帯キャリアでスマホを契約すると、オプションや割引の適用により料金は大きく変化しますが、一般的には毎月数千円以上の利用料金が必要です。しかし、格安スマホでは通信容量に応じて、1,000円未満のプランを用意している会社もあります。

「格安スマホ」では、SIMフリーの端末で契約します。そのため、SIMロックが解除された端末やSIMフリーの端末を持ち込んで契約したり、動作確認されているSIMフリーの端末を自由に選んで契約したりすることが可能です※1

  • ※1現在はSIMロック解除が義務化されているため、携帯キャリアもSIMフリー端末での契約が可能です。ただし、動作確認が取れている端末を公表していないため、各自で機種販売事業者などに確認が必要です。

格安スマホが安い理由

格安スマホが低価格でサービス提供できる理由は、「回線設備を持っていない」という点にあります。携帯キャリアは回線設備を設営・管理しているため、大きな維持費が必要です。

しかし格安スマホの場合、回線設備を持たず、携帯キャリアの回線設備を「間借り」する形でサービス提供をしています。そのため維持コストがかからないため、サービス料金を抑えられる仕組みです。また、格安スマホはお申し込みや手続きをオンライン中心とし、店舗運営のコストをカットしています。店舗を持つところもありますが、店舗数を絞ることで効率的な運営を行っています。

格安スマホのメリット・デメリット

ここでは、格安スマホのメリット・デメリットを紹介します。
格安スマホは、メリット・デメリットを理解したうえで、必要な機能を自分で選択して使うことが大切です。

メリット

格安スマホのメリットには、次のような点が挙げられます。

・低価格でサービス提供されている

・プランの内容や料金がわかりやすい

・SIMロック解除かSIMフリーの端末を自由に選べる※2

・低価格の機種も販売されている

・MNP(携帯電話番号ポータビリティ)により、電話番号を変更せずに乗り換えられる

  • ※2使いたい通信会社で動作確認されているかは確認が必要です。

デメリット

格安スマホには、以下のようなデメリットがあることにも注意が必要です。

・オンライン申し込みでは、送られてきたSIMカードを自分でスマホに入れて初期設定する必要がある

・携帯キャリアの通信回線をレンタルしているため、通信が混む時間帯は速度が出ず、接続が不安定になる場合がある

・携帯キャリアよりも通話料金が高くなる場合がある

・携帯キャリアのメールアドレスを引き継げない場合がある

・LINEのID検索や年齢認証が使えないなど、一部機能に影響が出る場合がある

しかし、このようなデメリットも、通話オプションを利用したり、キャリアメールを使えるオプションを付けたりすることで、解決できる場合も少なくありません。

格安スマホの選び方

格安スマホ選びでは、月々の利用料金を優先して検討する方も多いです。しかし料金だけでなく、使い方やニーズも考えて格安スマホを検討しましょう。

ポイント1

SIM:電話番号(音声通話)をつけるか否か

携帯キャリアでの契約の場合は、080などから始まる電話番号が付与されてSMSでのやりとりやSNSの電話番号認証を利用できることが一般的です。一方で格安スマホのなかには、電話番号を付与せずデータ通信専用にすることで利用料金を下げている通信会社もあります。つまり電話番号が必要か否かでSIMの選び方が変わってきます。

通話やSMSを多用する方には電話番号が必須です。しかし、通話する機会が少ない方や、日頃からアプリ通話に切り替えている方なら、データ通信専用のプランでも十分です。通話用のスマホは別で用意していて、タブレットや2台目のスマホを検討している方は、データ通信専用にして利用料を安く抑える使い方も有効です。

ポイント2

プラン:通信のスペックとオプションサービスを検討

スマホの契約では、料金プランが数パターン用意されていることが一般的です。通信量と通信速度がプランごとでパッケージ化されており、「○Mbpsでの高速通信が1ヶ月○GBまで可能で、超えたら○kbpsになる」などとルールが設けられています。さらに、ホームページなどで表記されている速度はあくまで理論値です。使用している環境やデバイスの機種によって速度は大きく変わるため、理論値であることを念頭においておくと、最高速度だけに固執せずに選択しやすくなります。

また、通信制限を避けるために、通信量の上限をチェックしておくことも重要です。過去の通信量を明細やアプリから確認し、だいたい上限を見積もっておくとプランを決めやすくなります。容量が大きいプランほど高額になるので、契約は必要量程度のプランにしておき、足りない時だけ容量を追加すると、お得に使える場合があります。

さらに、通信会社ごとのオプションサービスをチェックすることも大切です。音声通話を利用する方は、数分間の無料通話がついたプラン、1ヶ月で○時間まで無料通話がついているプラン、通話し放題のプランなど、どういったプランを利用しているかで料金が変わります。データ通信をおもに使う方は、デデータ繰り越しやSNSデータカウントフリーなどをチェックすると、利用料金はもちろん、通信制限の悩みの解消につながります。

ポイント3

ハードウェア:機種・SIMカードをチェック

次はハード面を検討しましょう。スマホの機種選びは誰しも迷うポイントとなるため、優先順位を決めて比較することが大切です。

OS

iOS
iPhoneに搭載。iPhoneにかかってきた電話をMacで応答するなど、ほかのApple製品と連携した独自の使い方が可能。
Android
多くのメーカーの機種に搭載。おサイフケータイ(R)やワンセグなど日本独自の機能を搭載した機種も多い。

画面サイズ

大きい
画面が見やすい。本体が大きくなりバッテリーも大容量。持ち運びがしづらい。
小さい
手に収まりやすく操作しやすい。文字などが読みづらいと感じる場合もある。

カメラ

画素数
数値が大きいほど高画質に撮れる。
レンズの数(種類)
狭い場所を広く写せる広角レンズや遠くにズームできる望遠レンズなど。
F値
数値が小さいほど明るく、一眼レフカメラのようなボケのある写真が撮りやすい。

SIMの種類

カードのタイプ(対応機種か否か)
  • 標準SIM[mini SIM]
  • Micro SIM
  • Nano SIM
  • eSIM(Embedded SIM)

その他

  • デザイン
  • 防水・防塵(ぼうじん)
  • おサイフケータイ(R)
  • ワンセグ など
ポイント4

料金:条件からしぼられた通信事業者で価格を比較

上記の3つの項目を順に選択したら、自分のニーズにあった通信会社が見えてきます。SIM×プラン×ハードウェアの条件で考えれば選択できる通信会社がしぼられるため、あとは月々の利用料金が安い通信会社を選択するだけです。

ただし、契約は最後まで慎重に行うことが重要です。SIM×プラン×機種×キャリアの組み合わせに問題がないかは、通信会社のホームページや店頭で契約前にあらためて確認することをおススメします。

ポイント5

アフターサービスの充実

格安スマホでは、オンラインでの申し込みや手続きに特化した通信会社が少なくないため、困った時にどうすればよいか不安に感じる方もいます。そのような場合は、実店舗があるか、アフターサービスは充実しているかをチェックしておくことが大切です。

トラブルが起きた際にはどのようなサービスを行っているのか、事前に各社のホームページなどで確認しておきましょう。

UQモバイルがおススメである3つの理由

格安スマホの選び方を紹介しましたが、まだ迷われている方には、UQモバイルをおススメします。

auの安定した品質の回線を利用でき、日本全国つながりやすい

UQモバイルはMVNOからスタートしましたが、現在はauのサブブランドです。したがって、auの安定した高速通信はUQモバイルの特長のひとつといえます。UQモバイルは、800MHzの周波数帯で人口カバー率99.9%※3を誇るau 4G LTEを使って、高速・快適な通信を実現しています(エリア内でも電波の状況によりご利用いただけない場合があります)。さらに、2021年9月2日に開始した「くりこしプラン +5G」であれば、余ったデータ容量が無駄なく翌月に繰り越せる※4ことも特長です。

  • ※3「人口カバー率」は国勢調査に用いられる約500m区画において、50%以上の場所で通信可能なエリアをもとに算出しています。2020年12月末時点の情報を掲載しています。内容は変更になる可能性がございます。対応機種は4G LTE(800MHz)対応機器となります。au 4G LTEでは、800MH以外の周波数帯も使用しております。
    au 4G LTEで快適にツナガル!
  • ※4データくりこしは前月の基本データ残容量分までで、当月末まで利用可能です。くりこし上限はくりこしプランS +5Gの場合最大3GB、くりこしプランM +5Gの場合最大15GB、くりこしプランL +5Gの場合最大25GBとなります。
    くりこしプラン +5G

月々の利用料金がおトク

「くりこしプランS +5G」なら、1年目も2年目以降も3GBで月額1,628円(税込)~となっており、おトクにスマホを利用することができます。さらに、縛りがなく、契約解除料が0円の点も安心です※5

  • ※5別途、機種代金、通話料(税込22円/30秒)、SIMパッケージ料金(税込3,300円)、ユニバーサルサービス料・電話リレーサービス料などがかかります。

お客さまに合わせたプランやオプションサービスが豊富

1ヶ月3GBまでの「くりこしプランS +5G」で通信制限が心配な方は、15GBまでの「くりこしプランM +5G」や、25GBまでの「くりこしプランL +5G」といった大容量のプランもあります。特に「くりこしプランM +5G」「くりこしプランL +5G」での節約モード※6利用時は、SNSや音楽ストリーミング※7などをどれだけ使っても「データ消費ゼロ」で、自身の用途に応じた使い方が可能です。

さらに、UQモバイルはオプションも充実しています。安心サポートパック(有料)、故障紛失サポート(有料)、使い方サポート(有料)などにより、安心したスマホライフをお手伝いしています。60歳以上通話割などの割引サービスも豊富です。

  • ※6節約モードとは、低速通信に切り替えることでデータ容量を消費せず、節約することができる機能です。「節約モード」設定時、くりこしプランS +5Gをご契約の場合、送受信最大300Kbps。くりこしプランM +5G・くりこしプランL +5Gをご契約の場合、送受信最大1Mbps。ベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であってもお客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。また、最大通信速度は対応機種により異なります。
  • ※7くりこしプランM +5G、くりこしプランL +5GでMP3のビットレートが128kbps程度の場合。動画など、大量のデータ通信をともなうサービスはご利用いただけない場合があります。

UQモバイルをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

UQモバイルの人気スマホ
お値打ち価格順ランキング!

UQモバイルでは、現在人気の機種について、2022年8月時点での人気機種と2022年以前に登場した機種に分けて、お値打ち価格順でランキングにして紹介しますのでぜひご覧ください。
なお、UQモバイルでは、新しい端末を続々と追加しています。最新の取り扱い機種は、製品・端末(UQモバイル)にてご確認ください。

  • UQモバイルオンラインショップの2022年10月27日掲載情報をもとにしています。
  • 掲載中の商品の価格は予告なく変更する場合がございます。

2022年10月時点でのおススメ機種編

1位

iPhone SE(第3世代)

iPhone SEは、軽くてコンパクトなことからiPhoneのなかでも人気の高いシリーズです。
2022年発売の第3世代は5G対応※8で、その心臓部には、iPhone 13と同じ「A15 Bionicチップ」を搭載。前モデルであるiPhone SE(第2世代)で使用されたA13 Bionicチップよりも最大で1.2倍速いグラフィックス性能を持つことから、驚くほどなめらかでスムーズな使い心地を実現しています。

フォト機能もさらに進化し、最大4人までの人物のコントラストや明るさなどを自動で微調整する「スマートHDR 4」、暖かい・冷たいなどのトーンを選ぶと自動でスタイルを調整してくれる「フォトグラフスタイル」など、気になる機能が満載です。

本体は頑丈なガラスで覆われ、落下アクシデントに強いほか、優れた耐水性・防塵機能も備えています。バッテリーは、最大15時間のビデオ再生が可能。指紋認証ホームボタン「Touch ID」も健在です。機種内蔵型のSIMの規格であるeSIM対応しているほか、1台のスマホに対し2種のSIMが使用でき複数の通信サービスを利用できるデュアルSIMにも対応しています。

2位

Galaxy A53 5G

Galaxy A53 5Gは、6400万画素の超高解像度メインカメラが最大の特徴。光学手振れ補正(OIS)を備え、動いても夜でもぶれないクリアな写真・動画が撮影可能です。星空や夜景も驚くほどきれいに撮影できる「ナイトモード」、写り込んだモノを撮影後に消去できる「オブジェクト消去機能」、背景をぼかして人物を際立たせる「ポートレートモード」など、さまざまなシーンをマルチに対応します。

平均的なユーザーなら最大2日間使える、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、最大25Wの高速充電にも対応。色鮮やかな約6.5インチの大画面は屋外でも高い視認性を持つほか、ブルーライトを大幅に低減する機能もあり、快適なコンテンツ視聴が可能です。

  • 5Gは一部のエリアで提供しています。詳しくは下記をご確認ください。
    対応サービスエリア(UQ mobile)
  • 広角カメラのみ対応
  • 最大12枚を合成
  • お客さまのご使用環境やご利用状況により使用可能時間は異なります。
3位

AQUOS sense6s

AQUOS sense6sは、約6.1インチのディスプレイを持ちながらも、スリムで使いやすいスタイリッシュなデザインが特徴的。2021年度GOOD DESIGN AWARDを受賞しています。もちろん5G対応です。

アイドリングストップ機能を備えた「省エネIGZO OLEDディスプレイ」と、大容量バッテリーの相乗効果で、外出時も安心の電池持ちを実現。また、電池の劣化を防止する機能があり、3年後も電池容量を90%以上維持できます。

高品質ディスプレイは、10億色の色表現に対応。なめらかなグラデーションや、シャープな描画を実現し、撮りためた写真や動画を鮮やかに再生します。

  • 5Gは一部のエリアで提供しています。詳しくは下記をご確認ください。
    対応サービスエリア(UQ mobile)
  • インテリジェントチャージ設定の「最大充電量を変更」をONにした場合。お客様のご使用環境やご利用状況により異なります。
  • お客さまのご使用環境やご利用状況により使用可能時間は異なります。

2021年6月時点でのおススメ機種編

1位

OPPO A54 5G(OPPO)

1位はOPPOの「OPPO A54 5G」です。2021年6月10日に発売された5G対応機種でありながら、新規契約・MNPの場合での機種代金は1万円をきっています。代金の安さに対し、スペックはほかの機種と比べても遜色がありません。約6.5インチの大画面や5,000mAhを誇る大容量バッテリー、マクロから超広角までどのようなシーンも美しく撮影できるように搭載された最大約4,800万画素のAI4眼カメラなど、コストパフォーマンスの高さを感じられる一台です。

2位

AQUOS sense5G (SHARP)

SHARPの5G対応機種「AQUOS sense5G」が2位にランクインしました。4,570mAhの大容量バッテリーと、優れた省エネ性能を誇るIGZOディスプレイの組み合わせによって、驚きの電池持ち※9を実現した一台です。ゲームや映像を見ながらメッセージの操作などを可能にした「2画面分割」や、設定した箇所でテザリングを自動でオンにできる「テザリングオート」など、便利な機能が凝縮しています。

  • 5Gは一部のエリアで提供しています。詳しくは下記をご確認ください。
    対応サービスエリア(UQ mobile)
  • ※9お客さまのご使用環境やご利用状況により使用時間は異なります。
3位

iPhone 12/iPhone 12 mini(Apple)

人気機種であるiPhoneにも、シリーズ初の5G対応機種が登場しました。UQモバイルでは、6.1インチの「iPhone 12」と5.4インチの「iPhone 12 mini」が選べます。“スマホで最速”をAppleが自負するA14 Bionicチップは、16コアのNeural Engineを駆使して1秒に何兆もの高速な演算処理を可能にしました。また、ナイトモード※10が使え、写真を多く撮るユーザーにおススメの機種です。

2021年以前に発売済み機種編

1位

AQUOS sense3 basic (SHARP)

SHARPの「AQUOS sense3 basic」が1位に輝きました。5G対応機種の「AQUOS sense5G」が発売されていますが、4G対応のSHARP機種で検討中の方にはこちらもおススメです。省エネのIGZOディスプレイと4,000mAhの大容量バッテリーからAQUOSらしさが感じられます。水濡れ※11はもちろん、耐衝撃性能※12も備えたタフな機種です。

  • 5Gは一部のエリアで提供しています。詳しくは下記をご確認ください。
    対応サービスエリア(UQ mobile)
  • 本機種は日本国内において3G通信はご利用いただけません。
  • ※11IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件でさまざま方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。IPX8とは、常温で水道水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出した時に通信機器としての機能を有することを意味します。ご使用の際は外部接続端子キャップとスロットキャップ(SIMカード・SDカードのスロット部キャップ)が確実に閉じているかご確認ください。
  • ※12IP6Xとは、保護度合いをさし、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に商品を8時間入れてかくはんさせ、取り出した時に内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。
1位

Galaxy A21 (Samsung)

1位がもうひと機種あります。2020年12月に発売されたSamsungの「Galaxy A21」です。「かんたんモード」を搭載した“使いやすさ”へのこだわりが感じられる機種といえます。文字や動画も見やすいように大画面でありながら、片手で持ちやすいサイズ感が人気の秘訣でしょうか。

3位

BASIO4(KYOCERA)

3位は2020年2月発売のKYOCERA機種「BASIO4」がランクインしました。初めてスマホを選ぶ方やシニアユーザーでも簡単に使えるような工夫が散りばめられた機種です。大型のディスプレイにくわえて、分かりやすい物理ボタンを搭載したモデルであり、ボタンを押すのに慣れているユーザーにはうれしいでしょう。独自の「スマートソニックレシーバー」機能により快適な通話も実現します。

4位

iPhone SE(第2世代)(Apple)

“廉価版”と呼ばれることもあるとおり、価格を抑えたモデルである「iPhone SE(第2世代)」が4位です。「iPhone 12」や「iPhone 11」との違いには、指紋認証「Touch ID」が搭載されている点やホームボタンが存在している点が挙げられるでしょう。サイズや重さは旧モデルの「iPhone 8」と同じですが、「iPhone 11 Pro」と同じチップを搭載しているため、性能ははるかに上です。コストパフォーマンスの高い機種をお探しでしたらおすすめの機種といえます。

5位

iPhone 11(Apple)

しばらく4G対応の機種とプランを使いたい人には、5位の「iPhone 11」もまだまだおすすめです。iPhone 12が登場したため、価格が下がっている点を魅力に思う方もいるのではないでしょうか。5G対応はしていませんが、それ以外の機能はまだまだ高性能であり、人気の高さを維持している機種といえます。iPhone 11では販売されていたイエローとパープルが、iPhone 12では販売されていないため、カラーで選び分けるのも良いでしょう。

格安スマホに関するQ&A

最後に、格安スマホに関する質問をいくつか取り上げます。

格安スマホは電波が悪いというのは本当?

MVNOは携帯キャリアの回線を借りてサービス提供しているため、使用している電波(auやドコモ、ソフトバンク)の提供範囲で使用可能です。したがって、格安スマホといえども常に電波が悪いわけではありません。

格安スマホで電波状態が悪くなるのは、通勤・通学や昼休み、夕方から夜間の通信が増加する時間となることが多い傾向にあります。キャリア回線を借りている立場上、回線が混みあう時間帯では電波が不安定になったり、つながりにくくなったりすることがあります。

格安スマホに乗り換えるのに必要なものは?

まず、乗り換え先で使える端末を用意しましょう。現在使用している端末の動作確認が乗り換え先で済んでいれば、そのまま持ち込みで利用できます。乗り換え先で販売されている端末はもちろんのこと、家電量販店や中古端末ショップなどで好みの機種を選ぶことも可能です。

現在の電話番号を変えずに使用したい場合は、MNPを使って手続きをします。

申し込みに必要な書類は、本人確認書類(免許証やパスポート、マイナンバーカードなど)や、料金の支払いに必要なクレジットカード、銀行振替に使用する口座番号などです。

MNP予約番号はどのように取得すればいいのか?

電話番号を変えずに使い続けられるMNPを使って乗り換えをする場合は、まず現在利用しているスマホの通信会社でMNP予約番号を入手します。Web申し込みや電話での申し込みで手続きが可能です。

MNP予約番号の有効期限は取得日を含めて15日間となるため、忘れないうちに手続きをすることが大切です。期間内に手続きができなかった場合には、単に番号が無効になるだけであるため、再度取得すれば手続きができます。

  • 本記事に掲載されている商品またはサービスなどの名称は、各社の商標または登録商標です。
  • Apple、iPhone、Touch IDは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。TM and (C) 2021 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Googleは、Google LLC の商標です。
  • 「AQUOS」は、シャープ株式会社の商標または登録商標です。
  • 「Xperia」は、Sony Mobile Communications ABの商標または登録商標です。
  • 「おサイフケータイ」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
  • 「au」「家族割」は、KDDI株式会社の登録商標です。

UQモバイルをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

格安スマホ/格安SIM関連記事

自宅セット割で家族全員おトク! くりこしプランS +5G(2021年9月2日受付開始) スマホ1人あたり990円(税込)/月~ データ容量3GB/月 割引前1,628円(税込)/月~ 通話料(税込22円/30秒)など別途かかります。 条件等詳しくはこちら
UQ mobileへの乗り換えガイド スマホは、UQ mobileに決まり! あなたのギモン解決します!
期間限定のおトクな情報も満載 キャンペーン・おトク情報