UQ WiMAX と UQ mobile を提供するUQコミュニケーションズ

UQ Communications

2.5GHz帯新規周波数割当てに伴うWiMAX 2+サービスの提供開始について

2013年7月29日
UQコミュニケーションズ株式会社

2.5GHz帯新規周波数割当てに伴うWiMAX 2+サービスの提供開始について
-1Gbpsを超える高速モバイル通信の実現に向けて-

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 野坂 章雄、以下UQ)は、一層増大するモバイルブロードバンドの高速化ニーズに応え、より快適で便利な社会を実現すべく、2013年6月24日に総務省に対して「特定基地局開設計画(以下、開設計画)」の申請を行いましたが、本日、当社の開設計画が認定されたことをお知らせいたします。

UQは、2009年に既存WiMAXサービスの提供を開始して以来、日本のモバイルブロードバンド市場を牽引してまいりました。 オープンモデルによる仮想通信事業者(MVNO)の拡大やWiMAX端末の多様化、また、利用制限や追加料金が無い料金プランなどでお客様からご好評をいただき、今年6月末には累計契約数が422万に達しました。

今回の開設計画の認定により、当社は新規割当てを受けた20MHzと現在使用中の30MHzを合わせた連続50MHzの周波数を用いた超高速モバイルブロードバンドサービス「WiMAX 2+」の提供が可能となります。 

これにともない、2013年10月末に110Mbpsでサービスを開始し、キャリアアグリゲーション*1、256QAM変調方式*2、8×8MIMO*3などの高度化技術を導入することにより、2017年には下り1Gbpsを超える超高速モバイルブロードバンドサービスの提供を目指してまいります。

エリアにつきましては、既存WiMAXサービスのエリアにWiMAX 2+のエリアを重ねる方式で拡大し、既存WiMAXとWiMAX 2+の両方が利用可能な端末を提供することで、両サービスのシームレスな切替えを実現いたします。 なお、既存WiMAXをご利用中のお客様も、引き続きサービスのご利用が可能です。

 

WiMAXでいつでもどこでも高速インターネットを。
UQはWiMAXでインターネットの新たな可能性をご提案し、サービスの充実およびエリアの拡大につとめてまいります。

 

詳細は、別紙をご参照ください。

                                                        

*1 複数の周波数チャネルを束ねた広い帯域を用いて、高速通信を実現する技術。

*2 既存サービスで採用している64QAM(シンボル当り6ビット送信)に対し、256QAMはシンボル当り8ビットのデータ送信を可能とする変調方式。法令改正が前提。

*3 複数のアンテナによる空間多重技術でデータ通信速度を向上させる技術。 

 

 

 

参考

approval_20130729.jpg

柴山昌彦総務副大臣(左)から認定書を受領する

UQコミュニケーションズ野坂章雄社長(右)

 

                                                                            以 上

 

本件に関するお問い合わせ先

報道機関

UQコミュニケーションズ
渉外部 広報グループ
E-mail :pr@uqc.jp

お客様

UQお客様サポートセンター

フリーコール:0120-929-818

  • 携帯・PHSからもご利用可
    9:00 - 21:00(年中無休)
  • (注)迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を変えています。
    「@」(全角)を「@」(半角)に置き換えてご利用下さい。
    •  
    •  
    •   
    • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
      商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。 
お申し込み