THANK YOU 10th ANNIVERSARY UQ Communications

おかげさまでUQコミュニケーションズは
10周年を迎えました。

UQ Communications

JR貨物の貨物輸送サービスにWiMAXを採用

2014年4月11日
UQコミュニケーションズ株式会社

JR貨物の貨物輸送サービスにWiMAXを採用

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 野坂 章雄、以下UQ)は、WiMAX(ワイマックス)サービスをあらゆる分野の通信インフラとしてご活用いただけるよう、WiMAX
を利用したM2M※1(エムツーエム)ソリューションの展開を進めております。

このたび、日本貨物鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 田村 修二、以下JR貨物)が運営するコンテナ位置管理システム(通称TRACE システム、以下本システム)※2の更新に伴い、通信手段としてWiMAXが新たに採用され、2014年4月1日に全国の112拠点への導入が完了しましたのでお知らせいたします。


本システムは、貨物駅のコンテナの位置を管理するシステムで、フォークリフトに搭載したGPSやIDタグ
(無線ICタグ)等を組み合わせて、コンテナの位置を数十cmの精度でリアルタイムに把握し、荷役時間の短縮と輸送の正確性を高めることを可能にしています。

今回、運用を開始した本システムのうち、以下の利用シーンで高速大容量無線通信のWiMAXが活用され、JR貨物が行う荷役作業の効率化とネットワーク保守費用の大幅な削減に貢献いたしました。

・貨物駅におけるコンテナの位置情報を把握し、フォークリフトドライバーに荷役指示を伝達。
・フォークリフトのドライバーが指示どおりの荷役を実施したことを伝達。


詳細は、別紙 をご参照ください。


WiMAXでいつでもどこでも高速インターネットを。
UQは、今後も通信インフラとしてWiMAXサービスをご利用いただけるよう、サービスの充実およびエリアの拡大につとめてまいります。

 

以上

本件に関するお問い合わせ先

報道機関

UQコミュニケーションズ
渉外部 広報グループ
E-mail :pr@uqc.jp

お客様

UQお客様サポートセンター

フリーコール:0120-929-818

  • ※携帯・PHSからもご利用可
    9:00 - 21:00(年中無休)
  • (注)迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を変えています。
    「@」(全角)を「@」(半角)に置き換えてご利用下さい。
  • ※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
お申し込み