• MYUQ

格安SIMでテザリングはできる?テザリングの使い方や注意点を解説

格安SIMでテザリングはできる?テザリングの使い方や注意点を解説 格安SIMでテザリングはできる?テザリングの使い方や注意点を解説

いざというときに「テザリング」は役立ちます。外出先で急にパソコンで通信をしなければならない時に、テザリングでネット接続ができて助かった経験がある人もいるでしょう。今回はテザリングの設定方法やメリット・デメリット、そして格安SIMでもテザリングを利用できるかなどを解説します。

格安SIMでもテザリングを利用できる?

テザリングとは、スマホのデータ通信を使ってパソコンやタブレットをネットに接続することです。ゲームやほかのスマホとも接続でき、複数のデバイスをネットにつなげるのにも便利でしょう。外出先などでパソコンを使うなど、急にWiFiが必要になった場面などにテザリングは活躍します。テザリングを使うと、スマホ1台あればWiFiルーターが設置されていなくてもネットに接続可能です。またスマホのデータ通信を使うためセキュリティ面の安全性も高いといえます。

格安SIMも含めて、多くの通信事業会社がテザリング対応の機種やサービスを提供しています。通信事業会社によって申し込みが必要な有料オプションの場合もありますが、UQモバイルなら無料かつ申し込みなしでテザリングが利用可能です。一部対応していない機種などもありますので、ご自身のスマホがテザリング可能な機種なのかを確かめてみましょう。通信事業会社のホームページにある「動作確認端末一覧」のページなどをチェックするのがおススメです。

テザリングの種類

テザリングの接続方法はWiFi・Bluetooth®・USBの3つです。それぞれのメリットやデメリットをまとめましたので、ご自身の状況に合った接続方法を試してみましょう。

Wi-Fiテザリング

WiFiテザリングとは、スマホとほかのデバイスをWiFiで接続して通信する方法です。

メリット

  • 高速なデータ通信が可能
  • 同時に複数デバイスと接続ができる
  • ケーブルが不要
  • 対応機種が豊富である

デメリット

  • (Bluetooth®テザリングと比較して)バッテリーの減りが激しい
  • (USBテザリングと比較して)セキュリティが脆弱といわれている

USBテザリング

USBテザリングとは、スマホとほかのデバイスをUSBケーブルで直接つなぎ合わせて通信する方法です。

メリット

  • 接続中にスマホの充電ができ、長時間の利用が可能
  • 高速通信が可能で安定している
  • (WiFiテザリングと比較して)セキュリティ性が高い
  • パスワード入力不要

デメリット

  • デバイスに対応したUSBケーブルが必須
  • 接続できる距離がケーブルの届く範囲内に限られる
  • 接続可能なデバイスは1台まで

Bluetooth®テザリング

Bluetooth®を使い、スマホとほかのデバイスを接続して通信するテザリングもあります。

メリット

  • (WiFiテザリングと比較して)バッテリーの減りが遅い
  • 同時に複数デバイスと接続ができる
  • ケーブルが不要
  • パスワード入力がいらず、簡単に設定できる

デメリット

  • 通信速度が遅いため、接続用途が限られる
  • (USBテザリングと比較して)セキュリティが脆弱といわれている
  • 受信するデバイスもBluetooth®に対応している必要がある

テザリングの設定方法

テザリングの設定方法はiPhoneとAndroidで異なります。それぞれ代表的な接続方法をチェックしましょう。またWiFi・Bluetooth®・USBの3つの接続方法ごとに操作が異なり、さらにOSのバージョンやスマホの機種によっても仕様が異なるため、通信事業会社やメーカーのホームページなどでも確認しましょう。

iPhoneの場合

iPhoneではテザリングを「インターネット共有」と呼んでいます。下記ではインターネット共有の設定方法を解説しますので、ご自身の端末でも実践してみましょう。

iPhoneの「インターネット共有」を設定する

iPhoneの「設定」アプリを開き、「モバイル通信」→「インターネット共有」を選択します。または「設定」アプリから直接「インターネット共有」を選びましょう。次に「ほかの人の接続を許可」の横にあるスライダーをタップすると「インターネット共有」ができる状態になります。「インターネット共有」が表示されない場合は、契約中の内容でテザリングが利用できるか通信事業会社に問い合わせてみましょう。

接続の設定方法

WiFi接続

接続元のiPhoneで「設定」→「モバイル通信」(または「モバイルデータ通信」)→「インターネット共有」を選ぶか、もしくは「設定」→「インターネット共有」を選択します。「インターネット共有」の画面で「ほかの人の接続を許可」がオンの状態であるかをチェックし、WiFiのパスワードと接続元のiPhoneの端末名を確認しましょう。
次に接続先の設定です。接続先のデバイスで「設定」→「Wi-Fi」などと画面を進み、リストから接続元のiPhoneの端末名を探します。接続元のiPhoneの端末名(WiFiネットワーク)を見つけてタップすると入力画面が表示されるでしょう。入力画面に接続元のWiFiのパスワードを入力すると接続完了です。

USB接続

スマホとパソコンをつなぐ時にUSB接続が主に使われます。まずはパソコンに最新バージョンのiTunesがインストールされているか確認しましょう。つぎにiPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。「このコンピュータを信頼しますか?」と画面に表示されたら「信頼」を選択しましょう。

Bluetooth®接続

まず接続元のiPhoneが検出できるかを確認するために、「設定」→「Bluetooth」と画面を遷移します。「Bluetooth」がオンの状態になっていれば検出可能な状態です。次に取扱説明書などの指示にそってBluetooth®ネットワークにつなぐ設定を接続先のデバイスの方でもおこないましょう。また「インターネット共有」はMacのパソコンや他社製デバイスとのBluetooth接続にしか対応していないため、別のiOSデバイスを接続する際はWiFi接続を利用します。

Androidの場合

Androidを搭載したスマホは多くのメーカーから発売されており、機種によって設定方法や項目の名称が異なる可能性が高いです。機種ごとの詳しい設定方法は、各メーカーのホームページなどで確認しましょう。

スマホの「アクセスポイント」を設定する

接続元となるAndroidの「アクセスポイント」を設定します。画面を上から下にスワイプし「アクセスポイント」のアイコンをタップしてオンの状態に設定しましょう。「アクセスポイント」が見当たらない場合はペンのマークの編集アイコンを選択し、一覧から設定画面に追加できます。

接続の設定方法

WiFi接続

接続元のAndroidの画面を上から下にスワイプし、クイック設定画面を出します。「アクセスポイント」のアイコンを長押しすれば「アクセスポイントとテザリング」画面に移行するでしょう。表示項目の中にある「Wi-Fiアクセスポイント」をオンの状態にします。
つづいて接続先のデバイスでWiFiの一覧を出しましょう。表示リストの中から接続元のAndroidのネットワーク名を見つけて選択します。接続元のAndroidで「Wi-Fiテザリングのパスワード」をタップすればパスワードが確認できるので、接続先のデバイスで入力したら接続完了です。

USB接続

接続元スマホと接続先のデバイスをUSBケーブルでつなげます。正常につながっていれば接続元スマホに通知が表示されるでしょう。接続元スマホの画面を上から下にスワイプしてクイック設定画面を出します。「アクセスポイント」を長押しすると遷移する画面で、「USBテザリング」をオンの状態にすると設定は完了です。

Bluetooth®接続

まず接続元のAndroidと接続先のデバイスをペアリング設定します。接続元のAndroidのクイック設定画面から「Bluetooth」を選択しましょう。表示画面にて「新しいデバイスとペア設定する」をタップし接続したいデバイスを登録します。デバイスによっては設定を行わなければ検知できない場合もあるでしょう。接続先のデバイスに付属している取扱説明書やメーカーのホームページをあらかじめ参照しておくのをおススメします。ペアリング設定を終えると接続元のAndroidの画面を上から下にスワイプしてクイック設定画面を出しましょう。「アクセスポイント」を長押しすると遷移する画面で「Bluetoothテザリング」をオンの状態にすれば設定完了です。

テザリングがうまくいかない時の対処法

テザリングがうまくいかない場合は各種設定がオンになっているか再確認しましょう。項目名の横(もしくは下)にあるスライダーに色がついていればオンの状態になっており、色がついていなければタップしてオンにする必要があります。またテザリングの接続数がゼロの状態で一定時間が経過すると、自動的にオフになる機種もあります。自動ロックの時間や非アクティブ時の接続時間を設定アプリから延長して対処しましょう。

格安SIMでテザリングする時の注意点

格安SIMでテザリングをする際はいくつか注意点があります。代表的なものを以下にピックアップしました。テザリングを使用する前に確認しましょう。

データ容量の上限を確認する

テザリングをする場合は、接続元のスマホで契約しているデータ容量の上限を確認しましょう。テザリングは、接続元のスマホのデータ容量を消費してほかのデバイスでも通信を行う仕組みです。接続元のスマホと接続先のデバイス両方のデータ通信量がプラスされるため、契約によってはデータ容量の上限に達して通信制限がかかるかもしれません。不要な時はテザリングを切っておきましょう。

バッテリー消費への対策をする

テザリングを行うとバッテリーの減りは早くなる場合があります。とくにWiFi接続はバッテリーの消費が激しいです。長時間テザリングを行う場合は、充電器やモバイルバッテリーを使用しましょう。USB接続なら充電も同時に行えますが、端末が高温になりバッテリーの消耗が加速する可能性があります。テザリング中はできるだけ接続元のスマホを使わないなど、バッテリー消費への対策を心がけましょう。

場所や時間帯によって利用する

接続元のスマホの回線を使って接続先のデバイスの通信を担うため、場所や時間帯によっては回線が混みあって通信状況が悪くなる可能性があります。通信の混雑具合を意識してテザリングを行うようにしましょう。

テザリングを使用できる機種か確認する

すでに紹介しましたが、一部の機種はテザリングに対応していません。ご自身のスマホがテザリングを使用できる機種か事前にチェックしましょう。各通信事業会社またはメーカーのホームページを参照するとテザリングに対応しているかが確かめられます。

テザリングの申し込みが必要な場合も

通信事業会社によってはテザリングを行う前に申し込みが必要な場合もあります。スマホを買った時にもらった契約書や通信事業会社のホームページを見て、テザリングの申し込みが必要かどうかを確認しましょう。

UQモバイルをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

テザリングとモバイルルーターの違い

モバイルルーターを持つ代わりに、スマホでテザリングをしようと考えている方もいるでしょう。それぞれにメリットとデメリットがあるため、比較して特徴をまとめてみました。向き・不向きを理解し、ご自身の用途に合った方を選ぶと良いでしょう。

テザリング

メリット

モバイルルーターと比較した場合、テザリングの方が料金をおさえやすい点はメリットです。テザリングは、契約プランによっては無料で使えたり、オプションとして安価に利用できたりします。またテザリングならばスマホ1台あれば、ほかのデバイスでの通信が可能です。モバイルルーターのように端末を購入する費用や手間が不要な点もメリットにつながるでしょう。

デメリット

モバイルルーターと比較すると、充電に配慮が必要な点はテザリングのデメリットかもしれません。外出先でテザリングを使う場合、注意していないとバッテリー残量が無くなり、ほかのスマホ利用に支障をきたす可能性があります。またデータ容量もスマホの契約内容によるため、データ容量に余裕がなくテザリングの利用を躊躇する場面もあるでしょう。

テザリングの使用が向いている方

上記をふまえてテザリングの使用が向いているのは、「月々の利用料金をおさえたい人」や「持ち運ぶ荷物をできるだけ減らしたい人」といえるでしょう。またデータ容量の上限は契約内容によりますが、バッテリー消費を考えると、長時間のテザリングを必要としない方も向いていると考えられます。

モバイルルーター

メリット

バッテリーの心配が減らせる点は、テザリングと比較した際にモバイルルーターのメリットとして挙げられるでしょう。UQ WiMAXのモバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」※1ならば約8時間※2連続して通信ができます。モバイルルーターのデータ容量を使うため、仮に利用しすぎてもスマホが通信制限にかかる心配もありません。

  • ※1 5Gは一部エリアでの提供です。詳しくは下記をご確認ください。
    対応サービスエリア(UQ mobile)
  • ※2 WiFiで1台のスマホに接続した場合の時間です。使用環境や電波状況により異なる場合があります。

デメリット

テザリングと比較した際のデメリットとして、モバイルルーターの分だけ持ち運ぶ荷物が増える点があるでしょう。荷物をできるだけ減らしたい方はモバイルルーターを持ち運ぶのを負担に感じるかもしれません。またスマホとは別にモバイルルーターの契約も結ぶ必要があるため、手続きの手間や月々の利用料金が増える点も考慮が必要です。

モバイルルーターの使用が向いている方

外出先で長時間のデータ通信を行う方は、モバイルルーターが向いているでしょう。バッテリーの消耗やスマホの通信制限などテザリングのデメリットが気になる方は、モバイルルーターを検討してはいかがでしょうか。

UQモバイルならテザリング利用は無料

すでに紹介しましたが、UQモバイルならテザリング機能の利用料はかかりません。申し込みを行う必要もなく、利用したい時にすぐテザリングができます。テザリング対応機種を数多く取り扱っていますので、「動作確認端末一覧」から確認の上でご購入ください。

UQモバイルの「くりこしプランS +5G」※3なら、お一人でも3GBで1,628円(税込)/月〜※4でスマホが使えます。その上、WiMAX +5G指定ルーターでギガ放題プラス ホームルータープラン/ギガ放題プラス モバイルルータープランのお申し込みで「自宅セット割」を適用すれば家族全員※5の利用料金が1人あたり990円(税込)/月~※4までお得になります。詳しくは専用ページをご確認ください。さらにUQモバイルなら別途オプション料金を支払うとキャリアメールが使用できます。キャリアメールの利用料は220円(税込)/月です。迷惑メールフィルタもありますので、セキュリティ面を少しでも向上させたい方はぜひご利用ください。

  • ※3 5Gは一部エリアでの提供です。詳しくは下記をご確認ください。
    対応サービスエリア(UQ mobile)
  • ※4 国内通話料(税込22円/30秒)など別途かかります。また別途機種代金、契約事務手数料(3,300円)、ユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料などがかかります。
  • ※5 ご契約できる回線数には上限があります。

くわえて他社からの乗り換えをUQモバイルオンラインショップから行った場合、au PAY 残高を還元しています(2022年4月5日時点)。還元適用条件を満たした場合、au PAY アプリをダウンロードして利用設定をすれば、回線の切り替えが完了した翌月下旬以降で受け取りが可能です。詳しい内容は専用ページにてご確認ください。

  • ※本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
  • iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
  • 「Google」「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。本サイトに掲載されている内容の一部は、Google社が作成、提供しているコンテンツをベースに複製、もしくは変更したもので、クリエイティブ・コモンズの表示3.0ライセンスに記載の条件に従って使用しています。
  • 「au」はKDDI株式会社の登録商標です。
  • 「Bluetooth®」は、Bluetooth SIG, Inc. USAの商標または登録商標です。
  • iOS商標は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。
  • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

UQモバイルをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

格安スマホ/格安SIM関連記事

自宅セット割で家族全員おトク! データ容量3GB/月 くりこしプランS +5G(2021年9月2日受付開始) スマホ1人あたり990円(税込)/月~ 割引前(1,628円/月~) 通話料(税込22円/30秒)など別途かかります。 条件等詳しくはこちら
UQ mobileへの乗り換えガイド スマホは、UQ mobileに決まり! あなたのギモン解決します!
期間限定のおトクな情報も満載 キャンペーン・おトク情報