• MYUQ

Wi-Fiルーターの寿命は何年?ルーター変更のタイミングについて詳しく解説!

Wi-Fiルーターの寿命は何年?ルーター変更のタイミングについて詳しく解説! Wi-Fiルーターの寿命は何年?ルーター変更のタイミングについて詳しく解説!

ネットの調子が悪いのは、もしかしたらWiFiルーターが寿命を迎えているからかもしれません。WiFiルーターの寿命は大きく分けて3つあるといわれています。それぞれの説明はもちろん、寿命かどうか疑わしい時の対処法なども解説していきましょう。

Wi-Fiルーターの寿命は3種類ある。変更のタイミングは?

WiFiルーターは適度に交換するのが望ましいといえます。WiFiルーターには寿命があり、長年使用していくうちに劣化するからです。通信が不安定になったり電源が入らなかったり、不具合が頻繁に起きる場合はルーターを変更するタイミングといえるでしょう。

WiFiルーターの寿命は大きく分けて3つあるといわれています。それぞれの年数を確認しておくと、どの寿命か考えやすくなるかもしれません。また製品ごとでの違いもあります。製品の仕様によって寿命かを判断する場合があるため、各メーカーのホームページや取扱説明書なども参考にしながら、寿命の可能性を探っていきましょう。

Wi-Fiルーター本体の寿命:4〜5年

使用しているうちにWiFiルーターは物理的に劣化していきます。外部の汚れや破損はもちろん、熱やほこりの影響で内部も傷んでいくのです。ハードウェアとしてのWiFiルーターの寿命は4〜5年程度といわれます。しかし使用する環境によっては、痛んでより早く寿命を迎えてしまう可能性もあるでしょう。

通信規格の寿命:2〜6年

ハードだけでなく、ソフトウェアの「寿命」もあります。まずは「通信規格の寿命」と世俗的によばれているものに注意しましょう。性能が良くて新しい通信規格が2~6年程度おきに登場しています。2022年5月時点で登場しているWiFi通信規格は下記のとおりです。Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)が理論上は最速とされています。WiFiルーターが新しい通信規格に対応していないと、古くて遅い規格で通信するしかありません。そのため「寿命」と世俗的にいわれ、注意が必要になるのです。

通信規格一覧

  • ※世代が後になるほど規格が新しくなり、最大通信速度が上がっています。
第1世代 IEEE 802.11 最大通信速度2Mbps(2.4GHz帯)
第2世代 IEEE 802.11a 最大通信速度54Mbps(5GHz帯)
IEEE 802.11b 最大通信速度11Mbps(2.4GHz帯)
第3世代 IEEE 802.11g 最大通信速度54Mbps(2.4GHz帯)
第4世代 IEEE802.11n(Wi-Fi 4) 最大通信速度600Mbps(2.4GHz帯/5GHz帯)
第5世代 IEEE802.11ac(Wi-Fi 5) 最大通信速度6.9Gbps(5GHz帯)
第6世代 IEEE802.11ax(Wi-Fi 6) 最大通信速度9.6Gbps(2.4GHz帯/5GHz帯)
第7世代 IEEE802.11be(Wi-Fi 7) 開発中※1

セキュリティの寿命

またセキュリティ面も日々進化しています。不正アクセスを防ぐために通信は暗号化されていますが、その暗号化方式も新しくなっているのです。古い暗号化方式にしか対応していないと、解析ソフトを使って暗号が解析されてしまい、ネットトラブルのリスクが大きくなります。暗号化方式が2~5年おきに更新されるため、同じWiFiルーターを長く使っている方は注意しましょう。暗号化方式も下記に一覧をまとめました。参考にしながらご自身のWiFiルーターがセキュリティ的に問題ないかを検討しましょう。

暗号化方式(規格)※2

  • ・WEP:無線LANが出たての時に使われていた方式です。数分で解読されるようになったため、使用に適さないと2022年6月現在ではいわれています。
  • ・TKIP:一定パケット量や一定時間ごとにキーを自動的に変更して暗号化を行う仕組みです。WEPよりさらに強固なセキュリティを実現します。
  • ・AES:米国商務省標準技術局(NIST)が選定した次世代の暗号化方式です。TKIPよりさらに強固な暗号化が行えます。

Wi-Fiルーターの寿命と思われる症状と変更するタイミング

WiFiルーターが寿命を迎えると使い心地が悪化します。具体的には下記のような症状が出る可能性があるでしょう。すでにお困りであれば寿命を疑ってもいいかもしれません。

Wi-Fiの接続が不安定・ネットに繋がらない・通信速度の低下

まずは通信に関する症状です。WiFiの接続が不安定になって、ネットが途切れたり通信速度が遅くなったりすると寿命かもしれません。本体の寿命の可能性もあれば、速度が遅いのは通信規格が古くなった可能性もあるでしょう。

Wi-Fiルーターの電源が入らない・充電ができない・バッテリーの持ちが悪い

電源やバッテリーに症状が出る可能性があります。WiFiルーターの電源が切れる・入らなくなるのはもちろん、バッテリー式のモバイルルーターの場合は、充電ができない・バッテリーの持ちが悪くなるなどのトラブルもあるでしょう。

画面が暗い・固まったまま動かない・反応しない

またモバイルルーターやホームルーターには画面がついているものが増えてきました。画面がつかない・暗いまま・固まって動かないなどの症状は寿命のサインかもしれません。またタッチパネルやボタンが反応しない・反応が悪いのも寿命の可能性があるでしょう。

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

不具合が発生した際の対処法

紹介したような症状が見られ寿命を迎えた可能性があったとしても、一度冷静になりましょう。一時的な動作不良かもしれません。製品ごとに仕様が異なるため、メーカーのホームページや取扱説明書も参考にしながら、下記のような対処法を試してみましょう。

Wi-Fiルーターに接続している端末を減らす

複数の端末が同時に接続すればするほど、WiFiルーターにかかる負荷は大きくなります。同時に接続する端末の数を減らして、不具合が改善されるかを確認しましょう。

Wi-Fiルーターのソフトウェアを更新する

ソフトウェアによってWiFiルーターは動いています。ソフトウェアは常に新しいバージョンに更新しておくのが望ましいです。最新の状態かを確認し、古い場合はソフトウェアを更新してみましょう。

Wi-Fiルーターの再起動

WiFiルーターなどの精密機器が動作不良を起こしたとき、再起動すれば問題が解消できる場合があります。電源を切って数分経ったのちに改めて電源を入れて具合を確かめてみましょう。

モバイルルーターで電池パックが取り出せる場合は、電源をオフにしてから電池パックを脱着して再びオンにしてみると改善される場合があります。また電池パックのとくに端子部分が汚れている場合は、綿棒や乾いた布できれいにしましょう。電池パックの寿命も2年程度なので、電池パックの交換が必要な場合もあるかもしれません。

モデムに不具合が起きていないかを確認する

固定回線(光回線)を使っていてWiFiルーターが問題ない場合、モデムに不具合が起きている可能性があります。まずはモデムの再起動を試してみましょう。不具合が解消されない場合、LANケーブルを直接パソコンなどにつないで原因を特定する方法もありますが、難しければ通信事業会社に相談するのがいいかもしれません。

設定を確認・変更する

モバイルルーターやホームルーターの画面やタッチパネルが反応しない時は、設定を変更してみるのもおススメです。たとえば画面がつかない・固まったと思っていても、設定から画面の点灯時間などを調整すると症状が改善される場合があります。またWiFiがつながらない場合、周波数を変更すると改善される場合もあるでしょう。

通信エリアを確認する

ネットに接続できなかったり通信速度が遅かったりするのは、通信エリアの問題かもしれません。屋外でモバイルルーターを利用している時はとくに注意です。通信エリアの範囲内かを確認してみましょう。

周辺機器を買い替える・見直す

アクセサリー類もチェックしてみましょう。ACアダプターなどの各種ケーブルや、モバイルルーターの場合は電池パックなどが故障していたら交換が必要です。また画面の不具合の場合は、保護のために貼っている液晶フィルムなどが原因の可能性もあります。

Wi-Fiルーターの寿命以外で変更するタイミング

古くなったり壊れたりするのを「寿命」と書いてきましたが、それ以外でもWiFiルーターの買い替えを検討しても良いタイミングがあります。たとえば下記の3つのタイミングです。

スマホやタブレットを買い替える時

新しい機種のスマホやタブレットほど新しい通信規格に対応しています。新しいスマホやタブレットの性能を最大限に活用するためには、より新しい通信規格に対応したWiFiルーターに機種変更するのがおススメです。

Wi-Fiに接続する端末が増えた時

接続する端末が増えると負荷がかかって不具合につながりかねないと紹介しました。そのため接続する端末が増えるタイミングで、新しくより高性能なWiFiルーターに買い替えるのも選択肢のひとつです。
また製品ごとで接続可能台数が異なります。「接続する端末の台数」と「WiFiルーターの接続可能台数」を確認しておきましょう。接続可能台数に余裕があるWiFiルーターに変更するのがおススメです。

引っ越しの時

引っ越しの時もWiFiルーターの買い替えを検討するタイミングといえます。WiFiルーターは製品ごとで電波が届く範囲が異なり、間取りが変わるタイミングで買い替えるのが望ましい場合があるのです。もちろん工事費・契約解除料などの確認や、固定回線(光回線)・ホームルーター・モバイルルーターの選択も慎重に行いましょう。

寿命のタイミングの買い替えは便利で快適!
「5G対応超速ネット」の進化したUQ WiMAX!

WiFiルーターの寿命について、種類や対処方法をまとめてきました。本体の寿命は環境に影響があると紹介したとおりですが、使い方によってWiFiルーターの寿命は大きく変わります。汚れをとったり丁寧に扱ったりと、不具合が起きる前からの使い方を見直すのも良いかもしれません。

また固定回線(光回線)・ホームルーター・モバイルルーターの選択が重要であると紹介しました。工事による費用や待ち時間が気になって固定回線(光回線)を躊躇している方には、UQ WiMAXのホームルーターやモバイルルーターがおススメです。UQ WiMAXなら工事不要でルーターを受け取ったその日から使えます。

「WiMAX +5G」※3のルーターを対象のスマホとセットで契約するなど、条件を満たせばスマホの利用料金がお得になる場合もあります。auのスマホとのセット契約の場合、最大で一人当たり永年1,100円(税込)/月割引される「auスマートバリュー」が利用可能です(対象の料金プランに加入した場合)※4。UQモバイルのスマホとのセット契約ならば、最大で一人当たり永年858円/月割引される「自宅セット割」のインターネットコースを利用できます(基本月額料金3,828円/月〜※5の「くりこしプランL +5G」※3が2,970円/月〜※5に割引された場合)※4。詳しい条件※4を詳細ページにて確認の上で、ぜひUQ WiMAXを利用ください。

  • ※3 5Gは一部のエリアで提供しています。詳しくは下記をご確認ください。
    対応サービスエリア(UQ WiMAX)
  • ※4 割引が受けられる条件は下記の2つを満たす場合のみです。
    • 1、「WiMAX +5G」指定のルーターで対象プランをお申し込みすること。
    • 2、UQモバイルスマホ、auスマホまたはauケータイで対象の料金プランに加入していること。詳しくは下記をご確認ください。
      「WiMAX +5G スマホとセットでおトク」(UQ WiMAX)
  • ※5 別途、機種代金、通話料(22円/30秒)、SIMパッケージ料金(3,300円)、ユニバーサルサービス料・電話リレーサービス料などがかかります。
  • ※本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
  • iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標はアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
    TM and (C) 2022 Apple Inc. All rights reserved.
  • 「au」はKDDI株式会社の登録商標です。
  • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

WiFi関連記事

WiMAXへの乗り換えガイド モバイルネットは、WiMAXに決まり! あなたの疑問解決します!
おうちのネットはWiMAXに決まり! あなたの疑問解決します!
おうちのWi-Fi コンセントさすだけ! WiMAX+5G ※5Gは一部エリアで提供 条件等詳しくはこちら
15日間無料でお試し Try WiMAX 条件等詳しくはこちら
期間限定のおトクな情報も満載 キャンペーン・おトク情報