• MYUQ

一人暮らしのインターネット利用なら何がおススメ?選び方を解説

一人暮らしのインターネット利用なら何がおススメ?選び方を解説 一人暮らしのインターネット利用なら何がおススメ?選び方を解説

春の進学や就職などによって一人暮らしの準備をしつつ、インターネットの利用環境について考えている方も多いでしょう。今回は一人暮らしでインターネットを使う方法4つを挙げ、それぞれの特徴や選び方のポイントをまとめました。ご自身の使い方や要望を整理しながら通信環境を整えていきましょう。

一人暮らしでインターネットを使用する方法4選

一人暮らしでインターネットを使用する方法として、テザリング・モバイルWiFi・ホームルーター・固定回線(光回線)が挙げられます。利用する機種や通信事業会社ごとで細かい違いはありますが、それぞれの代表的な特徴を整理していきます。

テザリング

テザリングとは、WiFiルーターの代わりにスマホの通信機能を使ってパソコンやゲームなどの通信を行う仕組みです。通信事業会社によって異なりますが、UQモバイルのように月額料金無料・申込不要で使える場合は手軽で便利です。新しい機器を購入する必要もありません。
テザリングの接続方法は3つあります。WiFi接続・Bluetooth接続・USB接続です。それぞれの特徴をまとめてみましょう。

WiFi接続

メリット

  • 通信速度が速い
  • 多くの機器が対応
  • 複数端末の接続可能
  • ケーブル不要

デメリット

  • バッテリーが減りやすい
  • (USB接続と比べて)セキュリティ面で劣る

Bluetooth接続

メリット

  • 複数端末の接続可能
  • (WiFi接続と比べて)バッテリーの減りが少ない
  • 設定が簡単(パスワード入力不要)
  • ケーブル不要

デメリット

  • 通信速度が遅い
  • 接続側も対応機器でなければならない
  • (USB接続と比べて)セキュリティ面で劣る

USB接続

メリット

  • 通信速度が速く安定している
  • 有線接続でセキュリティ性が高い
  • スマホの充電ができ長時間の通信ができる

デメリット

  • ケーブルが必要
  • テザリングが利用できる端末は1台のみ

モバイルWiFi

モバイルWiFi(モバイルWiFiルーター)とは、持ち運んで屋外で使用するために作られたWiFi通信機器のことです。基地局から出る電波をキャッチし、スマホやパソコンなどの端末と繋ぎ合わせて通信を可能にする中継役を果たします。充電を終えて電源を入れればすぐに回線が開通して、工事や配線接続も不要で手軽です。
一般的には、接続先の端末でWiFiの接続画面をひらき接続可能なネットワークの検出ができたら、モバイルWiFiの本体に書かれているSSIDとパスワードを入力するだけで接続できます。メリットとデメリットもチェックしておきましょう。

メリット

  • 工事不要
  • 中継器不要
  • 購入後すぐ利用可能
  • 持ち運び可能
  • 引っ越しなどでの撤去手続きが簡単

デメリット

  • (固定回線と比べて)通信が不安定
  • データ通信に利用制限がある

ホームルーター

ホームルーターは、自宅などに据え置いて使うタイプのWiFiルーターです。コンセントにさせばすぐに開通し、工事の費用や待ち時間およびプロバイダーの契約なども不要で使えます。通信方法はモバイルWiFiと同じで、基地局からの電波をキャッチしてスマホやパソコンなどの端末の通信を可能にする仕組みです。

メリット

  • 工事不要・設定が簡単
  • 料金が安め
  • 引っ越しなどでの撤去が簡単
  • 設置場所の自由度が高い
  • 同時接続できる台数が多い

デメリット

  • (固定回線と比べて)通信が不安定
  • 持ち運びに不向き・できない
  • データ通信に利用制限がある
  • 電波状況によって置き場所の見極めが必要

固定回線(光回線)

固定回線は、電柱から回線を自宅内に引き入れて通信を可能にする仕組みです。現在主流となっている光回線は、最大通信速度(上下)が10Gbpsのサービスも登場し、高速通信が安定して利用できます。
開通までには工事が必要で、費用や待ち時間が発生する可能性には注意が必要でしょう。工事が済んだあとも、端末ごとの接続設定はもちろん、ケーブルの配線が発生します。持ち運びもできませんが、それでも通信の安定性を優先するなら選択肢になるでしょう。

メリット

  • 通信速度が速い
  • 通信が安定している
  • 複数端末の接続可能
  • 通信制限がない

デメリット

  • 開通工事が必要(工事費用や待ち時間が発生)
  • 持ち運び不可
  • 料金が高め

一人暮らしでインターネットの接続方法を
選ぶ際のポイント(選び方)

接続方法ごとで一長一短がありましたが、一人暮らしの場合はどのような点に着目して選べばいいのでしょうか。選ぶときに意識したいポイントをまとめてみました。

ポイント1

インターネットの利用開始日

インターネットをすぐに利用したいなら、固定回線(光回線)は避けた方がよいかもしれません。回線の引き入れ工事が発生し、待ち時間が発生するからです。モバイルWiFi・ホームルーター・テザリングならすぐに利用できるでしょう。ほかのポイントも考慮して固定回線(光回線)を選ぶなら、工事を待つ間だけは新たな機器の購入が不要なテザリングで対処するのも一つの方法です。

ポイント2

インターネットの利用量

インターネットをあまり利用しない場合も使用中のスマホからテザリングするのがおススメです。新たな機器も増えずにすぐに利用できます。ただし使いすぎるとスマホに通信制限がかかったりバッテリーの減りが早まったりする点には注意が必要です。

ポイント3

インターネットを利用する目的や頻度(仕事・趣味など)

目的や頻度に合わせて選ぶのも重要でしょう。仕事用なら通信の安定性を優先したいのではないでしょうか。自宅でテレワークをするなら固定回線(光回線)もしくはホームルーター、出張先や取引先での利用が多いならモバイルWiFiがよいかもしれません。趣味といっても、オンラインゲームや動画視聴を楽しみたいなら固定回線でないとむずかしい場合もあります。SNSやWebサイトの閲覧程度ならモバイルWiFiやテザリングで十分かもしれません。

ポイント4

インターネットを利用する場所(外出・自宅)

利用する場所も考えてみましょう。主に利用する場所が外出先か自宅かで大きく変わってきます。外出先なら持ち運びができるモバイルWiFiやテザリング、自宅ならホームルーターや固定回線が選択肢になってくるでしょう。ただし利用する場所の位置や建物の構造によって、対象エリア外で電波がキャッチできなかったり回線工事ができなかったりする可能性があります。利用場所ごとでの細かい違いにも着目して選ぶのがおススメです。

ポイント5

インターネット通信の安定性や速度

通信の安定性や速度を重視したい方もいるはずです。オンラインゲームや動画視聴のような高画質・大容量の通信を遅延なく行うなら固定回線(光回線)が有力候補になるでしょう。また他のポイントも加味して他から選ぶならホームルーター→モバイルWiFi→テザリングの順番になるかもしれません。環境によって通信の品質は変化するため利用予定の通信事業会社のホームページや端末のパンフレットなども参考にして検討しましょう。

ポイント6

インターネットの月額利用料金

費用面も重要です。通信事業会社やプランごとで差はありますが、スマホのテザリングがもっとも月額利用料金を抑えられるでしょう。大容量のプランにアップグレードしても+数千円程度で済みます。
ほかのポイントを優先して、モバイルWiFi・ホームルーター・固定回線(光回線)から選ぶときには中長期的に費用を比較するのがおススメです。とくに固定回線(光回線)は月額料金が低くとも工事費を加味したら割高になったり、反対に長く使い続けたら工事費を払っても割安になったりします。賃貸なら物件が2年ごとに更新になる場合が多いため、2年間での利用をベースに考えてみてもいいかもしれません。

ポイント7

インターネットが利用できる物件かどうか(賃料や管理費込み)

インターネット設備がすでに整っているのを条件にして物件を探す方法があります。物件ごとで違いはありますが、たとえばケーブルをさせばすぐに固定回線が利用できたり建物内で利用できる公衆WiFiを整備していたりする物件もあるのです。家賃や管理費に込みであったり、個別で支払いが必要だったりも物件ごとで異なります。不動産会社に確認しながら探すとよいでしょう。

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

一人暮らしでインターネットを利用するなら
UQモバイル・UQ WiMAXがおススメ

一人暮らしでインターネットを利用するための4つの方法を紹介しました。それぞれのメリットとデメリットがあるため、ご自身の使い方や要望に合わせて適切なものを選ぶようにしましょう。

また通信事業会社の選択も重要です。UQモバイルなら、「くりこしプランS +5G」※1でおひとりでもずーっと3GB 1,628円(税込)/月~※2でスマホが使えます。テザリングも月額料金や申込が不要※3です。

  • ※1 5Gは一部エリアでの提供です。詳しくは以下をご確認ください。
    UQ mobile(モバイル)のサービスエリア
  • ※2 通話料(税込22円/30秒)など別途かかります。別途機種代金、契約事務手数料(税込3,300円)、ユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料などがかかります。
  • ※3 テザリング機能についてはこちら

さらにモバイルWiFiやホームルーターもUQ WiMAXがおススメです。UQ WiMAXの各種ルーターは、シンプルなデザインで部屋の雰囲気にマッチするでしょう。配線もスッキリです。「ギガ放題プラス ホームルータープラン」および「ギガ放題プラス モバイルルータープラン」でお得に利用できます。割引前は4,950円(税込)/月のところ、「WiMAX +5G はじめる割」※4の適用で25ヶ月間は利用料金が4,268円(税込)/月※5までお得になるのです。

一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

  • ※4 WiMAX +5G はじめる割について詳しくはこちら
  • ※5 別途機種代金、登録料(3,300円)およびユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料などがかかります。

なかにはUQモバイル(もしくはau)のスマホをすでにご利用中の方もいるでしょう。それならUQ WiMAXのホームルーターやモバイルWiFiとのセット利用がおススメです。「自宅セット割インターネットコース」が適用でき、スマホの利用料金が安くなります。「くりこしプランS +5G」※7か「くりこしプランM +5G」※7の場合は638円(税込)/月、「くりこしプランL +5G」なら858円(税込)/月が永年割引※8されるのです。いずれも条件を満たす必要がありますので、詳しくは専用ページをご確認ください。

  • ※7 5Gは一部エリアでの提供です。詳しくは以下をご確認ください。
    UQ mobile(モバイル)のサービスエリア
  • ※8 ご契約はWiMAX +5Gサービス1回線につき、UQモバイル/au携帯電話合計9回線までです。

固定回線(光回線)にする場合も、UQモバイルのスマホとセットで利用できる「自宅セット割」のインターネットコース※9がおススメです。「くりこしプラン +5G」※10のいずれかに加入し、「auひかり」や対象サービス※11の申込および利用でスマホの月額利用料金が割り引かれます。「くりこしプランL +5G」※10なら3,828円(税込)/月が2,970円(税込)/月~※12まで安くなるのです。一人暮らしのインターネットなら、スマホもルーターも固定回線もUQモバイルやUQ WiMAXなどでぜひご検討ください。

  • ※9 別途利用料・オプション料などがかかります。「インターネットサービス」解約時に、ご契約期間に応じて契約解除料が発生する場合があります(例:auひかりホーム・ずっとギガ得プランの場合 契約期間3年、契約解除料 16,500円)
  • ※10 5Gは一部エリアでの提供です。詳しくは以下をご確認ください。
    UQ mobile(モバイル)のサービスエリア
  • ※11 自宅セット割の対象サービスについて詳しくはこちら
  • ※12 通話料(税込22円/30秒)など別途かかります。別途機種代金、契約事務手数料(税込3,300円)、ユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料などがかかります。
  • ※本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
  • 「au」はKDDI株式会社の登録商標です。
  • 「Bluetooth®」は、Bluetooth SIG, Inc. USAの商標または登録商標です。
  • 「Wi-Fi」はWi-Fi Allianceの登録商標です。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

関連記事

新生活!ネットはUQ WiMAX 条件等詳しくはこちら
WiMAXへの乗り換えガイド モバイルネットは、WiMAXに決まり! あなたの疑問解決します!
おうちのネットはWiMAXに決まり! あなたの疑問解決します!
おうちのWi-Fi コンセントさすだけ!WiMAX +5G ※5Gは一部エリアで提供 条件等詳しくはこちら
15日間無料でお試し Try WiMAX 条件等詳しくはこちら
期間限定のおトクな情報も満載 キャンペーン・おトク情報