• MYUQ

Wi-Fiとは?接続するメリットや設定方法などわかりやすく解説

「Wi-Fi」と書いて「ワイファイ」と読みます。読み方は知っていたとしても、スマホだけのデータ通信との違いやメリットまで調べた経験がある方は少ないかもしれません。
今回はWi-Fiとはどういったサービスなのか、また利用したときのメリットや注意点をまとめました。まだスマホだけを使っているあなた、Wi-Fiもセットで使ってより快適な通信環境を手に入れましょう。

Wi-Fiとは
多くのデバイスが円滑に接続できるように設けられた
無線通信技術の統一規格

Wi-Fi(ワイファイ)とは、無線通信技術のひとつで、多くのデバイスが円滑に接続できるように設けられた統一規格です。「Wireless Fidelity」の略からきた名称であり、デバイス同士が相互に接続可能かを保証するためのマークの役割も果たしています。

またWirelessと聞くと、無線LANをイメージされる方もいるかもしれません。無線LANは、LAN(Local Area Network:限られたエリア内での通信網[コンピューター・ネットワーク])に無線で接続する技術を指す言葉であり、赤外線やレーザーなどの技術も含んでいます。同じ意味合いで使われているケースも見られますが、無線LANとWi-Fiが厳密には違うのを覚えておいても良いかもしれません。

さらにWi-Fiの規格にも種類があります。米国電気電子学会(IEEE)の802.11をベースに技術開発が進み、「Wi-Fi 5」と表現される「IEE802.11ac」が現在の主流になりました。今後は次世代高速規格「IEE802.11ax」(Wi-Fi 6)の普及や「IEE802.11be」(Wi-Fi7)の開発が進むでしょう。

スマホをWi-Fiにつなぐメリット

Wi-Fiにつなげば、スマホでできることが増え、さらに悩みが解消される場合があります。例えば下記のようなメリットが挙げられます。

メリット1

複数台同時接続で、家電を外出先からでも遠隔操作できる

Wi-Fi接続で便利になる家電が多く発売されています。テレビの操作をスマホでしたり、冷蔵庫の温度設定や製氷タンクの水切れチェックなどをスマホからでも可能になるのです。またプリンターとも接続してみましょう。パソコンを介さずにスマホから写真やテキストを直接プリントアウトできるようになります。

メリット2

スマホの通信料・通話料が節約できる

スマホだけで通信するとデータ使用量の上限が気になる方もいるでしょう。上限を超えると通信制限がかけられたり追加で容量を買ったりしなければなりません。しかしWi-Fiに接続すれば、スマホのデータ使用量が増えないので悩みも減らせます。さらに通話をアプリですれば通話料も節約できるでしょう。

メリット3

スマホ(LTE回線)と比べて通信速度が速くなる場合がある

2021年6月現在においてスマホの通信システムの主要なのが4G(LTE)です。4Gでも高速通信が十分体感できているかもしれませんが、Wi-Fiの方がより高速な通信ができる場合があるといわれています。ただしあくまで理論上の話であり通信環境や時間帯によって変化しますので注意しましょう。

メリット4

ネットワーク対応ゲームなどが無制限で楽しめる

持ち運びできるモバイルルーターか、自宅や職場に据え置くホームルーターのいずれかでWi-Fiを使うのが一般的でしょう。特にホームルーターは、電話回線と接続すれば上限なく通信ができます。ネットワーク対応ゲームなどは通信量が多くてスマホだけではすぐに通信制限がかかっていないでしょうか。ホームルーターを介したWi-Fi接続で悩みを解決しましょう。

※新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

自宅や職場でスマホをWi-Fi接続する方法

続いて通信制限を気にせず使えるホームルーターを自宅に導入するための代表的な手順を説明します。
ただし契約する業者や使用する機器によって違いがあるため、利用予定の業者・機器のホームページなどもあわせて確認しつつ作業するのがおすすめです。

インターネット回線を開通させる

自宅や職場でWi-Fiを使用する場合は、外から有線を屋内に引き入れる工事をしたあとにモデムやLANケーブルを介してルーターからWi-Fiの電波を飛ばす方法があります。光回線で光回線終端装置(ONU)をモデム(やルーター)の代わりに付ける場合もあるかもしれません。いずれも回線業者との契約が必要であり、さらに工事が完了するまでに日数がかかるため、余裕を持って申し込みなどを行いましょう。

ちなみにモデムとは、アナログ信号で通信できるようにデバイスからのデジタル信号を変換するための装置です。ルーターと混同しやすいですが、信号を変換するのがモデム、デバイスを複数台つなぐのがルーターと区別しましょう。さらにLANケーブルとは、限られたエリア内での通信網(LAN)を構築するためのケーブルです。ルーターとパソコンを有線で接続する時に挿し込む時などに使います。

プロバイダーと契約する

回線事業者とは別に、ネット接続を管理しているプロバイダーと契約してネットにアクセスするためのIDやパスワードを発行してもらいます。最近では回線事業者とプロバイダーのセット契約を提供している業者も多く存在するため、1社だけで済ませたい場合は回線事業者とプロバイダーのセット契約を検討しましょう。
ただしUQ WiMAX HOMEなら工事が不要で、即日使えます。コンセントに挿すだけで、プロバイダーの契約も不要です。先ほど説明したモデムやLANケーブルを用意する必要もありません。またケーブルは電源の一本のみで、配線がすっきりしておすすめです。

スマホでWi-Fiの受信設定をする

ルーターの設定まで終わったら次はスマホ側の設定をしましょう。Wi-Fi機能をオンにしてWi-FiのSSIDを選択し、ネットワークセキュリティキー(パスワード)を入力するのが一般的です。SSIDとは接続先の識別子で、接続先のスマホなどから接続元のルータ−を指定するときに使います。
またiPhoneとAndroidでは操作画面やアプリの名前などが異なるため、Wi-Fiをつなげる手順が異なります。それぞれ下記へまとめましたので、参考にしながら接続してみましょう。または機種やOSごとで違いがあるため、AppleやGoogleのホームページも参考にするのをおすすめします。

iPhoneの場合の接続手順

1スマホで「設定」→「Wi-Fi」と進み、“Wi-Fi”と書かれた横にあるスライダーをタップしてオンの状態にします。

2“ネットワーク”の一覧の中から接続したいWi-FiルーターのSSIDを見つけます。

3Wi-Fi ネットワークをタップすると入力画面が表示されます。
Wi-Fiルーター本体に記載してある(もしくは画面操作によって確認できる)パスワードを入力すれば、Wi-Fiで通信ができるようになります。

Androidスマホの場合の
接続手順

1画面を上から下にスワイプしてクイック設定パネルを表示します。

2「Wi-Fi」のアイコンが出てきたらアイコンを長押しして進みます。

3“Wi-Fiの使用”と書かれた横のスライダーをタップしてオンの状態になると、接続可能なWi-Fiネットワークが表示されるので、接続したいルーターのネットワーク名を探してタップします。

4入力画面が出てきたらWi-Fiルーターに記載してある(もしくは画面操作によって確認できる)パスワードを入力すると、Wi-Fiで通信ができるようになります。

スマホがWi-Fiにつながらなくなったときの対処法

設定できて問題なく使っていたのに、急にWi-Fiがつながらなくなる時もあるかもしれません。代表的な原因と対処法をまとめました。いざという時のためにチェックしておきましょう。

  • 通知領域のアイコンをチェックする

    通知領域のアイコンでWi-Fi電波の受信状況が確認できます。電波状況が悪い時は一部が薄い色で表示されるでしょう。電波を受信していない時は枠だけが表示されてカラの状態を示したり何も表示されなかったりします。機種ごとでの表示の仕方を確認して、十分に受信しているかを確認してみましょう。

  • ルーターに近づいてみる

    (離れすぎや障害物があるとつながらない場合がある)

    壁などの障害物が間にあったり、地下や上階など階層が変わったりするとWi-Fiの電波が繋がりにくくなります。ルーターの近くでスマホを使用するようにしたり、中継器を置いたりして対策しましょう。

  • ルーターの電源ケーブルやLANケーブルが抜けていないか確認する

    無線LANとはいっても、有線を使用している箇所があります。たとえばLANケーブルやモデムあるいはルーターの電源ケーブルが有線ではないでしょうか。ケーブルが抜けていたらモデムやルーターは動きません。抜けていないか確認しましょう。

  • Wi-Fi機能オフになっていないか

    (オンになっている場合でも一度オフにしたあと再びオンにしてみる)

    一度設定をするとWi-Fiの電波を検知すれば自動で接続してくれるスマホがほとんどです。しかしWi-Fiを受信できないオフの状態では接続されません。オンになっているかをまず確認してみましょう。オンでも繋がらない・不調な場合は一度オフにして再びオンにするのをおすすめします。

  • スマホを再起動する

    (スマホに不具合が起きている可能性がある)

    スマホ本体の不具合の可能性もあります。長時間の連続使用や炎天下などの使用環境によっては機種に負荷がかかって不具合につながっているかもしれません。一度スマホを再起動してみましょう。とくに熱をおびている場合は、しばらく使用を控えるのが得策です。

※新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

外出先でもWi-Fiを利用したいときはどうしたらいい?

自宅以外でもWi-Fiは使えます。パスワードが必要な場合もありますが、最近ではカフェや空港・コンビニなどでWi-Fi(フリーWi-Fi)が無料で使えるところも増えてきました。自宅の回線工事を待っている期間や大きなデータの送受信を出先で行う場合などで活用した経験のある方もいるでしょう。

ただしフリーWi-Fiは誰でもアクセスできるためデータの盗難やのぞき見のリスクが高いです。セキュリティ面も安心で、持ち運びができるモバイルWi-Fiルーターを好まれる方も多いでしょう。UQ WiMAXのWiMAX 2+モバイルルーターやWiMAX +5G対応ルーター※1なら家でも外でも使用できます。コンパクトで持ち運びにも便利です。

家でも外出先でもWi-Fiを快適に使うならUQ WiMAXがおすすめ!

家でも外出先でも快適なWi-Fi通信を提供するために、UQ WiMAXはモバイルルーターとホームルーターの両方をご用意しております。ホームルーターの「WiMAX HOME」ならLANケーブルやモデムなどが不要でコンセントを挿せばすぐにWi-Fi通信を利用でき、配線もすっきりできます。1台でスマホやパソコンに同時接続が最大20台まで可能で、家族が多いご家庭でも安心でしょう。「ネットがたっぷり楽しめるギガ放題」ならひと月3,880円(税込4,268円)※2※3でたっぷりインターネットが楽しめておトクです※4

さらに家だけではなく、外でもWi-Fiを利用できるモバイルルーターもおすすめです。4Gエリアで活躍中の「WiMAX 2+モバイルルーター」にくわえて、5G※1にも対応した「WiMAX +5G対応ルーター」も販売しています。超高速・低遅延で大容量の通信を楽しみたいなら新登場のWiMAX +5G対応ルーターをぜひご検討ください。

  • ※2自動更新ありの場合。別途機種代金、登録料(3,000円[税込3,300円])およびユニバーサルサービス料・電話リレーサービス料等がかかります。
  • ※3課金開始月から起算した25カ月間(ギガ放題以外からプラン変更された場合などは、その変更が適用となった月から24カ月間)の契約となり、さらに2年間(24カ月間)の自動更新となります。契約期間の最終月を「満了月」、満了月の当月、翌月、翌々月の3カ月間を「更新期間」とし、更新期間以外に解約などをされた場合は1,000円(税込1,100円)の契約解除料がかかります。
  • ※4混雑回避のための速度制限(3日間で10GB以上利用時)があります。ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限対象となります。
  • 本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
  • Apple、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。TM and (C) 2021 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Googleは、Google LLC の商標です。
  • 「Wi-Fi」はWi-Fi Allianceの登録商標です。

※新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

工事不要! 今日から使えるおうちの高速Wi-Fi
15日間無料でお試し Try WiMAX