• MYUQ

SIMロックって何?解除方法って?SIMロック解除に関するギモンにお答えします。

Q. SIMロックを解除するとはどういうことでしょうか?

国内の携帯電話会社でスマートフォンを購入した場合、一般的に契約した携帯電話会社のSIMカード以外は使用できない仕組みになっています。

携帯電話会社ごとの通信制限をなくして、どの携帯電話会社であっても端末が対応していればスマートフォンを利用できる状態にする手続きを「SIMロック解除」と呼びます。SIMロック解除をすることによって、元々使っていた携帯端末をそのまま別の携帯電話会社のプランで使用できるようになります。

また、SIMロックを解除したスマートフォンや最初からロックがかかっていないスマートフォンは「SIMフリースマホ」と呼ばれています。アップルストアで販売されているスマートフォンなども、最初からSIMロックがかかっていない状態なので、SIMフリースマホになります。

SIMカードの役割

SIMカードは、「Subscriber Identity Module Card」の略称であり、契約内容ごとに設定される、携帯電話番号などの識別情報と呼ばれるデータが記録されているカードです。SIMカードを、スマートフォンなどの端末に挿入することで、インターネット通信や通話といったさまざまなサービスを利用することができます。携帯電話会社ごとに用意されている端末を使用している人は、専用のSIMカードが最初から挿入されている状態です。

SIMカードのサイズは15×12mmの「micro SIM」、25×15mmの「標準SIM」、12.3×8.8mmの「nano SIM」と3つの種類があります。現在販売されているスマートフォン端末の場合、iPhoneはnano SIM、Android端末はmicro SIMもしくはnano SIMが使用されています。

Q. なぜ各社SIMロックがされていたのでしょうか?

SIMロックを採用している主な理由は、短期間での解約防止や、通話料や月額通信費(パケット代)といった料金を長期的に支払ってもらうことにより、端末機種代を回収することが目的として挙げられます。

端末機種代を安くし、月々の利用料から端末機種代を回収するという仕組みですが、SIMロックをかけていないと短期で解約されてしまう可能性があります。そうなってしまうと端末機種代が回収できないため、その対策としてSIMロックがかけられている実情もあります。

Q. SIMロックを解除するメリットとデメリットって?

メリット

SIMロック解除が義務化されて以降、携帯電話会社の乗り換えが可能になり、新しく端末を買う必要がなくなりました。さらに、大手の携帯電話会社から通信回線を借り、格安な料金で利用できるMVNO(格安SIM)に乗り換えることによって、月額費用を大幅に節約できるようになりました。

MVNOの特徴は、大手携帯電話会社と比較してサービス料が非常に安いことであり、データ通信量に応じて利用プランが分かれているケースが多い傾向にあります。自分に適したプランで、月額料金を抑えながらスマートフォンを利用できます。

デメリット

SIMロックを解除するデメリットは、一切ありません。解除前に使用していたSIMに加え、他社のSIMも自由に使用できるようになります。

SIMロックを解除する際の注意点

なお、SIMロック解除を行った際のメリット・デメリットについてお伝えしましたが、なかにはSIMロック解除に対応していないスマートフォンがあることや、購入から100日経過した後でないとSIMロックを解除できないという条件があることがあります。

また解除手続きに3,000円(税別)のSIMロック解除手数料が発生するケースがあります。ただしオンライン上での解除手続きの場合、解除手数料が発生しないため、そちらから解除することをおすすめします。

なお、SIMカードを入れ替える際には、キャリア独自の機能(docomoメールやauスマートパスなどのサービスなど)は使用できなくなります。さらに、1度解約したSIMカードは再契約できない点も認識しておきましょう。

Q. SIMロック解除方法はキャリア毎に違いはあるのでしょうか?

SIMロック解除方法には、キャリアごとに違いがあります。以下に、Softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル)、docomo(ドコモ)、au(エーユー)4社のSIMロック解除方法についてご説明します。

SoftBank(ソフトバンク)

SoftBankのSIMロック解除は、ソフトバンクショップに出向いて店頭で手続きをするか、スマートフォンやパソコンからホームページへアクセスし、マイページから手続きをする方法の2つから選ぶことが可能です。インターネット上でSIMロック解除をする場合は、新しいSIMカードを準備してから行います。

 SIMロック解除に対応している端末は、SoftBankのホームページで確認することを忘れないようにしましょう。ホームページ上でのロック解除方法は、新しいSIMカードを用意したうえで、パスワードとユーザーIDでマイページにログインし、「契約の確認変更」からSIMロック解除手続き画面に進んで手続きを行います。

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobileのSIMロック解除方法は、スマートフォンやパソコンからマイページにログインして行う方法と、Y!mobileのショップに出向いて店頭で行う方法の2つから選べます。

SIMカードが挿入されていないスマートフォンは、電話番号が登録されているSIMカードを挿入することによって端末情報を読み込むので、インターネットや通話とサービスが使えます。それぞれの携帯電話会社のSIMロック解除の条件に適用している場合であれば、SIMカードが挿入されていない端末でも、各携帯電話会社での手続きでSIMロック解除することが可能です。

docomo(ドコモ)

docomoのSIMロック解除方法は、店頭かスマートフォンやパソコンでマイページにログインして行う方法の他に、ドコモインフォメーションセンターと電話で手続きする方法の3通りから選べます。SIMロックを解除する条件として、ネットワーク利用制限といったロックがかかっていないことと、契約者本人の端末であること、端末を購入してから半年以上経っていること、docomoを解約している人は解約してから3ヶ月以内であるといったさまざまな条件を満たす必要があります。また、SIMロック解除ができない端末もあるので、ホームページで確認しましょう。

au(エーユー)

auのSIMロック解除方法は、auショップ店頭で行う方法と、スマートフォンやパソコンからのマイページにログインする方法の2つがあります。SIMロック解除に対応している端末かどうかは、公式ホームページで確認することが可能です。インターネットでSIMロック解除をする場合は、マイページにログインしたうえでシリアルナンバーを入力します。シリアルナンバーは、スマートフォンの設定画面から確認することができます。

UQの最新情報を配信中UQ Communications公式アカウント

  • 公式Facebookページはこちら
  • 公式Twiterアカウントはこちら