• MYUQ

プロバイダの確認方法は?選ぶ時のポイントも紹介!

プロバイダの確認方法は?選ぶ時のポイントも紹介! プロバイダの確認方法は?選ぶ時のポイントも紹介!

契約中のプロバイダがどこかわからなくなり確認方法をあなたは調べているところかもしれません。プロバイダの名前がわからないと解約や引っ越しの時に困る可能性があるでしょう。今回はプロバイダの確認方法や解約する時の注意点などをまとめました。解約時には費用などが発生する場合もあるので丁寧に確認や作業を進めていきましょう。

プロバイダとは固定回線(光回線など)に
接続するサービスを提供する接続事業者

プロバイダとは、インターネット通信用の固定回線(光回線など)にユーザーが接続するサービスを提供している接続事業者です。英語では「Internet Service Provider」と書くため、頭文字をとって「ISP」と呼ばれる場合もあります。

光回線やADSLなどの固定回線を介してインターネットを利用する場合、回線に接続するサービスを提供するプロバイダのほかに、回線自体を提供する回線事業者と契約するのが一般的です。KDDIの場合、「auひかり」が回線事業者、「au one net」などがプロバイダにあたります。

なかにはプロバイダと回線事業者のサービスがセットになっていて一社だけの契約で済む場合もあります。ただし回線事業者・プロバイダともに国内に多数存在し各社でサービス内容や料金体系が違うため、契約前にしっかり確認・比較するのが重要です。

回線事業者

インターネットに接続するための回線を提供している会社

KDDI、NTT東日本、NTT西日本、ソフトバンク、IIJなど

プロバイダ(接続事業者)

回線を通してインターネットに接続するサービスを提供している会社

@nifty、OCN、plala、BIGLOBE、DTI、hi-ho、AsahiNetなど

プロバイダの契約内容を確認する方法

すでに固定回線(光回線など)を契約していても、CMや店舗キャンペーンもしくは知人の紹介などによって他社に乗り換えたくなる場合もあるはずです。とくにプロバイダは国内に多数存在し、乗り換えで満足度が上がる可能性も十分あります。どのようなサービスが提供されているかを再確認するために、まずは契約中のプロバイダの名前をチェックしましょう。

契約書を確認する

固定回線(光回線など)を最初に契約した時にプロバイダからもらった契約書があれば確認は簡単です。プロバイダの名前が載っているのはもちろん、サービス内容や契約開始日なども確認できるでしょう。

明細(請求書・領収書)を確認する

契約書が見つからない場合もあるはずです。契約書以外にも、請求書や領収書などの明細でプロバイダ名の確認ができるかもしれません。書類が郵送で届いていれば確認がすぐにできます。また引き落としをしている銀行口座の通帳やクレジットカードの明細書が参考になる場合もあるでしょう。
なかには「KDDIまとめて請求」※1などを利用して請求をまとめている方もいるかもしれません。利用しているサービスによっては、回線事業者の名前しかなくプロバイダ名まで記載されていない場合もあるでしょう。回線事業者の方に問い合わせてプロバイダを確認してみてはいかがでしょうか。

管理会社や管理人に確認する(集合住宅の場合)

集合住宅のなかには、管理会社や管理人が建物の回線を一括で契約・管理している場合があります。プロバイダについても管理会社や管理人に確認したらわかるかもしれません。また新たな回線やプロバイダと契約して工事などが発生すると管理会社や管理人の許可が必要になるはずです。あわせて確認しましょう。

プロバイダのメールアドレスで確認する

固定回線(光回線など)を契約した時にプロバイダからメールアドレスを発行されて使っていないでしょうか。利用中であればメールアドレスの後半を確認してみましょう。「@」以下の部分にプロバイダ名が使われている場合が多いからです。au one netでも、「〜〜@〜〜.auone-net.jp」とプロバイダ名が入っています。

IPアドレスを使って確認する

IPアドレスとは、ネットワークに接続されている機器ごとに割り当てられるインターネット上の住所のようなものです。通信相手を識別・指定する時に使われる情報で、IPアドレスを使ってプロバイダの確認ができる場合もあります。
確認用サイトにアクセスできれば、現在の接続で利用しているIPアドレスがわかるでしょう。サイト内に記載されているゲートウェイ名の文字列にプロバイダ名が入っているはずです。特定できなければ、ドメイン調査ツールにIPアドレスを入力して情報を探す方法もあります。ただしいずれもインターネットに接続できる状態でないと調べられないので注意が必要です。

プロバイダ解約までの流れと注意点

プロバイダ名が分かったら解約作業もできるようになります。実際に解約する時の流れや注意事項もまとめてみました。回線事業者やプロバイダによって細かい点が異なりますので、もし行う時はホームページなどで確認しながら作業を進めましょう。

解約手続きの流れ

解約手続きは、各社のホームページなどから申請しましょう。回線事業者とプロバイダに別々で連絡が必要な場合もあるため要注意です。中には電話や書類のやりとりによって解約申請を行う場合もあります。解約予定の会社の規約に準じて手続きを進めましょう。

解約前に準備すべきことや注意点

解約前に準備すべきことや注意点として、以下のようなものが挙げられます。

新しいプロバイダの契約は現在の会社との解約前に

乗り換えを検討している場合は、現在のプロバイダを解約する前に新しい会社と契約しておくのが望ましいです。先に解約してしまうと新しいプロバイダの契約が締結されるまでネットが使えない期間が発生しかねません。新しいプロバイダの開通日時を決めてから解約するようにしましょう。

ADSLから光回線にする場合などは工事が発生

乗り換えであっても、戸建てで利用しているADSLを光回線に変更する場合などは回線の引き入れ工事が発生します。場合によっては屋外工事と屋内工事が別日程になる可能性もあるでしょう。工事の待ち時間や立ち合いが必要になるため、計画的に進めるのが重要です。
さらに、引っ越しなどで現在の建物でのネット利用をしなくなる場合は、回線の撤収にも注意が必要です。賃貸住宅の場合は、宅内機器の返送はもちろん、建物内に引き入れた回線の撤去まで管理会社や管理人から求められる場合があります。その際、撤去には工事が必要なため、引っ越し前・鍵を返す前に工事を終えられるようにしましょう。

解約に発生する費用

解約にともなって発生しうる費用は下記の2つが考えられます。いずれも支払いが免除になったり相殺できたりする方法がありますので、あわせてチェックしてみましょう。

契約解除料

数年単位の契約期間を設定して契約が結ばれているはずです。契約期間終了前に解約する場合や更新月以外で解約する場合は契約解除料などを支払わなければならないでしょう。契約解除料は回線事業者とプロバイダの両方にかかる可能性もあるので事前の確認が重要です。契約更新月を待って解約したり、乗り換え先の特典で支払分を相殺したりできないかを検討しましょう。

工事費用(工事費残金)

回線の引き入れや回収には工事が必要です。契約期間内で分割して支払っている場合は解約時に工事費残金を一括で支払うよう求められる可能性もあります。また引っ越しなどの場合は、開通時の工事費残金にくわえて、撤去の工事費が上乗せでかかるかもしれません。ただし引っ越し先でも同じ回線事業者と契約し続ければ、工事費が免除になる場合もあります。解約前に確認しておきましょう。

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

新しいプロバイダの選び方

新しく契約する場合の注意点が気になる方もいるでしょう。新しいプロバイダの選び方や契約から利用開始までの流れをまとめました。各社でサービス内容や料金体系が異なるので、ホームページなども参考にしながら新しいプロバイダを選んでいきましょう。

通信速度(WiFiや固定回線)

動画閲覧・オンラインゲーム・Web会議などを遅延なくスムーズに利用するためには通信速度が早いサービスを選ぶのが有効です。あくまで理論値ではありますが、プロバイダのホームページなどには通信速度が紹介されているので、利用を検討しているプロバイダの数値を比較するとわかりやすいです。
また光回線を契約する場合は、「IPv6」に対応している回線事業者を選ぶのもおススメです。IPv6は大容量のデータ通信が一度にできる接続方式で、回線の混雑による影響を受けにくいといわれます。

月額料金

プロバイダを決める時の検討材料として月額料金を重視する方もいるでしょう。なかには月額料金を安くしつつも工事の費用などを合計すると割高になるケースもあります。契約期間である2年間程度を目処に合計でいくらかかるのかを計算して料金を比較するのがおススメです。

工事が必要か否か(利用開始日)

工事が必要か否かも確認しましょう。プロバイダの乗り換えだけで光回線をそのまま使い続ける場合は工事がいらない可能性もあります。また工事が必要な場合は、待ち時間や利用開始日を確認しましょう。

キャンペーンの有無

プロバイダ解約時に発生しうる費用の解説のところで、工事費の支払いを無くせる可能性について触れました。元のプロバイダから請求される工事費残金に相当するキャッシュバックが乗り換え先から特典として受けられたり、引っ越し先で継続契約の場合は撤去費用が免除になったりする場合があります。各社で内容が異なるので解約・新規契約予定のプロバイダのホームページなどで確認しましょう。

契約から利用開始までの流れ(手順)

実際に申し込みから利用開始までの流れを確認しましょう。一例として、「auひかりホーム1ギガ」の場合をまとめました。契約予定の回線事業者やプロバイダごとで流れも異なるため、ホームページなどで詳細確認して契約を進めましょう。

1. 事前確認(提供エリアの確認・利用規約のチェック・管理会社や管理人などへの許可取り)

まずは利用予定の場所で利用できるか・利用して問題ないかを確認しましょう。利用可能なエリアかはホームページから確認ができます。エリア内かを確認できたら、利用規約を読み、管理会社や管理人に許可を取りましょう。建物の壁面に穴を開ける必要があるため、賃貸の場合は管理会社や管理人の許可が必須です。管理会社や管理人向けの説明資料※2もauでは用意がありますので、ぜひご利用ください。

2. 申し込み

利用に問題がなければ、プロバイダに申し込みをしましょう。ホームページ・電話・書類など、プロバイダごとで申し込み窓口や契約の方法が異なります。契約予定の会社のホームページなどで確認してみましょう。
申し込みを受け付けてから次のステップまで2〜3日ほど時間がかかります。また利用予定のプロバイダによっては別途必要書類の送付で1週間〜10日ほど時間がかかったり、事前調査のために連絡があったりするかもしれません。

3. 工事日の決定

申し込みの手続きが完了したら、工事日の調整に入ります。予約ができるようになると、SMS(ショートメール)が届くはずです。場合によっては電話での連絡になる可能性もあります。「My au」にログインして立ち合いが可能な日程を工事日として設定しましょう。土曜・日曜・祝日にする場合は別途3,300円(税込)がかかる可能性も頭に入れておいてください。

4. 「ご利用開始のご案内」と宅内機器の受取および確認

工事日が決定してから工事までに約2〜3週間はかかります。その間に「ご利用開始のご案内」と建物内に設置する機器が届く予定です。受け取ったあと、「ご利用開始のご案内」に目を通し、機器に目立った破損がないかなどを確認しておきましょう。破損や不備があればホームページなどからご相談ください。

5. 回線工事への立ち合い

予約した日時に工事の担当が開通予定の建物まで伺いますので、立ち合いをお願いします。最寄りの電柱から建物内に光ファイバーを引き込んだり、光コンセントを建物内に設置したりする工事です。詳しい工事内容は専用ページ※3からご確認ください。

6. 宅内機器の接続

回線工事が終わったら、先に届いている宅内機器を接続しましょう。ご自身で接続される場合は、プロバイダ別のサポート※4を見ながら設定を進めるのをおススメします。もしくは「かけつけ設定サポート」※5(有料)にてスタッフが伺って設定を行うのも可能です。

7. 利用開始

工事と宅内機器の接続が終われば回線は開通します。あとは接続したい機器でWiFiなどの接続設定を行いましょう。接続方法は機種によって異なります。メーカーなどのホームページや取扱説明書を参考にして接続を行いましょう。

工事不要で即日利用!
インターネットを利用するならUQ WiMAXを検討ください

プロバイダの確認方法や解約・新規契約をする時の注意点などを今回はまとめました。固定回線(光回線など)は高速通信が安定して利用できる反面、工事や契約期間などに配慮しながらの利用になる点が気になった方もいるかもしれません。

気になった方はUQ WiMAXでWiFiルーターを利用するのはいかがでしょうか。UQ WiMAXならプロバイダ契約や回線が不要でWiFiルーターを買ったらすぐに使えます。さらに固定回線(光回線など)は工事をするまで実際の速度などがわかりませんが、UQ WiMAXなら15日間の無料お試しができます。通信速度などをテストしてから安心してご契約ください。

工事不要で即日利用したいならWiMAX +5Gホームルーター※6

UQ WiMAXはホームルーターとモバイルルーターの2種類を用意しております。いずれも工事不要で即日開通し、「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」※6などでは5G※6通信によるギガスピード体験が可能です。とくに据え置き型のホームルーターは、同時接続台数も多く、通信がより安定するといわれます。QRコードで接続も簡単にできるのでお子さんなどが接続する場合でも安心でしょう。

家でも外でも使えるSpeed Wi-Fi 5G X11※7

さらにご自宅以外で持ち運んで使いたい方にはモバイルルーターがおススメです。「Speed Wi-Fi 5G X11」※7は、4,000mAhのバッテリーを搭載して約8時間の連続通信ができます※8。「ロングライフ充電・省電力モード」などバッテリーの劣化や消費を抑える機能も充実で、高速かつ安定な通信をワイヤレスで実現したい方には最適です。

  • ※7 5Gは一部エリアで提供です。詳しくは下記をご確認ください。
    対応サービスエリア(UQ WiMAX)
  • ※8 使用環境や電波状況により異なります。無線LAN(WiFi)端末1台を接続した場合の時間です。
  • ※本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
  • 「au」は、KDDI株式会社の登録商標です。
  • 「QRコード®」は、株式会社デンソーウェーブの商標または登録商標です。
  • 「Wi-Fi」はWi-Fi Allianceの登録商標です。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

関連記事

WiMAXへの乗り換えガイド モバイルネットは、WiMAXに決まり! あなたの疑問解決します!
おうちのネットはWiMAXに決まり! あなたの疑問解決します!
おうちのWi-Fi コンセントさすだけ! WiMAX +5G ※5Gは一部エリアで提供 条件等詳しくはこちら
15日間無料でお試し Try WiMAX 条件等詳しくはこちら
期間限定のおトクな情報も満載 キャンペーン・おトク情報