• MYUQ

スマホ代や携帯料金の費用 節約方法・高くなる原因を解説

節約方法・高くなる原因を解説 スマホ代や携帯料金の費用 節約方法・高くなる原因を解説 スマホ代や携帯料金の費用

スマホ代や携帯料金を安くする方法はあります。高くなっている原因を解消すればいいのです。スマホや携帯電話の使い方は人それぞれで、費用が高くなる原因や解決方法も十人十色といえます。間違った方法で安くしようとすると不都合が生じるケースもあるでしょう。注意点もふまえながら、スマホや携帯電話の費用を抑えるポイントを解説します。

スマホや携帯電話の
利用料金について

総務省が毎年公表している「情報通信白書」では、電話通信料の推移が紹介されています。令和3年度版※1には2014年から2020年までの電話通信料が紹介されており、2019年の122,741円※1まで上昇傾向が続いていましたが、2020年は121,825円と減少しました。しかし携帯電話通信料は微増を続けています。電話通信料が減少したのは固定電話通信料の減退が理由であり、解約やほかの連絡ツールへの代替が進んだ結果かもしれません。

2020年の携帯電話通信料は104,192円まで上昇し、「消費に占める電話通信料の割合」は4.35%と、掲載がある2014年から2020年までのなかで最も高い数値になりました。携帯電話通信料として紹介された104,192円は年額です。月額に換算すると約8,683円となります。約8,683円と比較して“使いすぎ”・“節約できている”を考えてみても良いでしょう。

ただし「ここでいう携帯電話通信料とは、スマートフォン通信料、携帯電話通信料および自動車電話通信料(データ通信[パケット等]料を含む)など。」と注記がされています。つまりプランやオプションの利用料だけで、機種の代金が含まれない金額です(情報ソースである家計調査のデータでも「携帯電話通信料」(符号763)と「携帯電話機」(符号766)で項目が分けられています※2。最新であれば10万円を超える機種もあり、機種代も念頭におきながらご自身の利用料金をチェックしてみましょう。

スマホ代や携帯料金が
高くなる主な原因

スマホ代や携帯料金が高くなる原因は多く挙げられます。代表的なものを下記にまとめました。思い当たる点があれば改善すると料金を下げられる可能性も大きいでしょう。

通話時間が長く通話料金が高い

多くの携帯キャリアの場合、国内通話30秒ごとに税込22円の通話料が発生します。使った通話量に応じて通話料は課金される仕組みのため、通話をしすぎると料金が高くなるのです。通話料の高騰を避けるためにプランやオプションが用意されていますが、使い方とマッチしていないと料金が高くなってしまいます。

データ容量が合っていない(通信データの追加購入)

毎月使えるデータ容量の大きさに応じて利用料金も変わります。契約するデータ容量が大きければ料金も当然高いです。高い費用をかけてデータ容量を大きくしているのにデータを使い切れていない場合は費用が無駄になっていると考えられます。

反対に費用を抑えてデータ容量を小さくしている場合、通信制限のときに追加でデータ容量を購入している方もいるでしょう。しかし追加で購入した方が割高になっていて、最初から月々の上限を上げた方がお得なケースもあります。UQ mobileの場合も同様で、くりこしプランのそれぞれと追加購入の場合のギガ数あたりの費用を比較すると下記のようになります。

UQ mobileの1GBあたりの費用

追加チャージ

追加チャージ100MB 税込220円
1GBあたり税込2,200円
追加チャージ500MB 税込550円
1GBあたり税込1,100円

くりこしプラン +5G

「くりこしプランS +5G」
税込1,628円/3GB※3
1GBあたり税込約543円
「くりこしプランM +5G」
税込2,728円/15GB※3
1GBあたり税込約182円
「くりこしプランL +5G」
税込3,828円/25GB※3
1GBあたり税込約153円
  • ※3別途、機種代金、通話料(税込22円/30秒)、SIMパッケージ料金(税込3,300円)、ユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料等がかかります。

ハイスペックすぎるスマホ機種の購入

総務省のデータを説明した際にも触れましたが、機種のなかには10万円を超えるものもあります。ハイスペックになればなるほど機種代も高くなるでしょう。処理能力が高かったり画面が大きかったりする機種は、操作がサクサクできたり画面が見やすかったりします。しかし使い勝手のよさだけでなく、価格が高い点にも目を向けましょう。

通信事業会社が家族でバラバラ

スマホ代や携帯料金が高くなる原因が通信事業会社にあるとも考えられます。たとえば家族でことなった通信事業会社と契約していないでしょうか。UQ mobileなら、「自宅セット割」のご利用で家族全員※4のスマホ利用料金がお得になります。条件をクリアすれば、「くりこしプランS +5G」の月額利用料金税込1,680円※5※6が税込-638円/月も安くなって税込990円/月~(くりこしプランS +5G [9月2日受付開始])で済むのです。条件などの詳しい情報は特設ページをご確認ください。

  • ※4対象サービス1契約につき、UQ mobile回線合計10回線(対象サービスがau ホームルーター 5G/auスマートポートの場合、合計9回線)までとなります。「くりこしプラン +5G」でご家族がau回線をお持ちの場合、割引となるUQ mobile回線は、ご家族のau回線と合わせて10回線までとなります。
  • ※5別途、機種代金、通話料(税込22円/30秒)、SIMパッケージ料金(税込3,300円)、ユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料等がかかります。詳しくは「くりこしプラン +5G」の解説ページをご確認ください。
  • ※6「くりこしプランS +5G」の月間データ容量は、3GBです。

オプションやサポートサービス

契約面では、オプションやサポートサービスも費用がかさむ原因として考えられます。携帯キャリアで機種を購入したとき、“無料で利用できる”からとオプションやサービスを案内されて加入した経験がないでしょうか。無料期間が限られており過ぎたら費用が発生したり、回数が限られており上限を超えて課金されていたりする可能性も視野に入れましょう。
またリスクに備えすぎて過剰なオプションやサポートサービスに加入しているケースも考えられます。たとえば通信制限を嫌って、データ容量が大きすぎるプランに入っているのは典型例です。

UQモバイルをご検討の方、お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

スマホ代や携帯料金を
節約する方法

高くなる原因が分かったら、改善してスマホ代や携帯料金を節約しましょう。節約する方法をまとめました。原因ごとで方法はことなり、いくつも改善する点が見つかるかもしれません。参考にしながら一つずつ改善していくと良いでしょう。

ポイント1

通話料金を下げる(プランの見直し・無料通話アプリ・使い方の改善)

まずは通話料の節約を試みます。3つの方法を挙げてみました。

プランやオプションの見直し

通話料の高騰を防ぐためにプランやオプションを各社が用意しているのはすでに説明しました。プランやオプションは、以下の3パターンに分けられます。自分の使い方に適したパターンのプランやオプションに切り替えましょう。

長時間の通話を頻繁にする方は…

完全定額パターン

通話回数や、各通話の時間に関係なく定額

長時間の通話をたまにする方は…

無料通話分があるパターン

月単位の通話分数の合計のうち〇分間が無料

短い通話を頻繁にする方は…

最初の数分間が無料になるパターン

各通話の最初の〇分間が無料

無料の通話アプリを使用する

LINEを利用している方は多いのではないでしょうか。メッセージのやりとりができるだけでなく、音声通話やビデオ通話が通話料なしで利用できます。ダウンロードも無料でできるので、節約のために代用してもいいでしょう。ただし通話料がかからない反面、データ通信量はかさみます。加入しているプランによっては速度制限になるリスクも考慮して使いましょう。

長電話を止めるなど使い方を改める

無料の通話アプリを利用するケースを先ほど解説しましたが、プランなどはそのままで使い方を改める方法もあります。長電話は通話料が高くなる原因です。電話をなるべく短くしたり、メールやチャットで済ませたりと使い方を意識的に変えてみるのもいいかもしれません。
なかには自宅に固定電話がある方もいるでしょう。「auひかり 電話サービス」は国内通話が税込8.8円/3分※7で使えますが、他社においても固定電話の方が携帯電話より通話料が安く設定してあります。ほかにも改めてお得になる使い方がないか検討してみましょう。

  • ※7別途ネットサービス月額利用料、月額利用料金税込550円、ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料などがかかります。詳しくは「auひかり 電話」の解説ページをご確認ください。
ポイント2

通信データを下げる(プランの見直し・Wi-Fiの利用)

つぎは通信料を見直しましょう。こちらは2つの方法を試してはいかがでしょうか。

プランの見直し

データ容量が合っていない場合はプランを見直すとお得になる可能性があります。まずご自身の利用状況をアプリや毎月送られてくる利用明細書から確認しましょう。データ容量が大きすぎて余っている方は自分の利用状況に近い容量のプランに変更するのがおすすめです。
もしくはあえて月々のデータ容量は小さくして、割高ではありますが、追加購入で対応する方法もあります。容量を小さくすれば、使いすぎないように意識がかわって使い方が改善される効果も期待できるかもしれません。

Wi-Fiを利用してスマホ通信量をおさえる

スマホや携帯電話のデータ容量を小さくする代わりに、Wi-Fiを利用すると節約できる可能性があります。とくにデータ通信量が多い方は、月々のデータ容量が無制限のモバイルWi-Fiルーターを持ち歩いた方がデータ通信量も多いままで費用を下げられるかもしれません。
もしくは公衆Wi-Fiを使う方法もあります。ただしセキュリティ面に注意して使いましょう。また自宅で通信する機会が多い方は、有線もいいですが工事にひと月程度の時間がかかります。工事不要ですぐに使えるホームルーターを置くのがいいかもしれません。

ポイント3

旧機種・安い機種にする

古い機種を使うのも節約につながります。最新ではない“型落ち”の機種であれば価格が下がっています。近年のスマホであれば一年程度なら性能の差も大きくはありません。価格と比較して以前のモデルの機種も検討してみましょう。
またはiPhoneのminiシリーズのように、機能や性能をしぼって価格を抑えている機種を選んでもいいいかもしれません。Androidには安い機種もあるので、価格を優先してもいいでしょう。

もしくは中古で買う方法があります。SIMカードを挿し替えるだけで使えるSIMフリーのスマホなら機種変更も簡単です。中古なので新品より安いでしょう。オークションサイトやフリマアプリが普及したため、中古販売店よりもさらに安く買える可能性もでてきました。
しかし中古を買うときは違った注意点がでてきます。たとえば前の所有者が支払いを済ませずに売ってしまい利用制限がかかっている「赤ロム」の機種が売られているケースが挙げられます。中古販売店であれば初期不良の保証があったりするなかで、オークションサイトやフリマアプリでの個人間取引では保証まではできないでしょう。価格だけに踊らされずに、問題なく使える機種を手に入れることが大切です。

ポイント4

通信事業会社を格安SIM・格安スマホを提供するMVNOに変更

格安SIMや格安スマホを提供する「MVNO」(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)に切り替えれば、携帯キャリアよりもスマホ代や携帯電話料金を下げられるでしょう。MVNOは、携帯キャリアが独自で設置・管理している通信設備(インフラ)をレンタルしながらサービスを提供します。インフラの設置や管理にかかる費用を負担しないため、MVNOは利用料金を下げられるのです。

ポイント5

オプションサービスの見直しや家族割などの割引サービスの利用

必要がないのに費用がかかっているオプションサービスがないかを見直しましょう。機種の購入時などに“とりあえず”で入ったサービスであっても、いま使っていないなら解約するのがおすすめです。解約方法がわからない方は、契約したショップに行ってスタッフに尋ねてみましょう。

ただし相談窓口にあたる店舗を設けていないMVNOもあります。携帯キャリアでも割安プランに加入すれば申し込みやサポートがオンラインに限られるほどです。自分だけで手続きをするのが不安な方は、サポート店舗があるMVNOを選ぶとよいでしょう。

また乗り換えるなら、家族で同じ通信事業会社にまとめるのが節約につながります。家族割引などを提供している通信事業会社を利用の場合は、条件をホームページなどで確認したり、店舗のスタッフに相談したりして割引を受けるようにしましょう。

UQモバイルをご検討の方、お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

スマホ代や携帯料金の節約ならUQ mobileでお得に見直ししませんか

スマホ代や携帯料金が高くなる原因や、それを解消して節約する方法を今回はまとめました。途中でいくつか紹介しましたが、UQ mobileに乗り換えればスマホ代をお得にできる可能性が大いにあります。先ほど紹介した、もっとも月額利用料金の安い「くりこしプランS +5G」ならおひとりでも税込1,628円/月~でお得に利用可能です※8※9

  • ※8別途、機種代金、通話料(税込22円/30秒)、SIMパッケージ料金(税込3,300円)、ユニバーサルサービス料等がかかります。詳しくは「くりこしプラン +5G」の解説ページをご確認ください。
  • ※9「くりこしプランS +5G」の月間データ容量は、3GBです。

携帯キャリアに比べればMVNOは通信品質に不安がのこると感じて携帯キャリアのまま方もいるかもしれません。UQ mobileは、auの通信設備(インフラ)を利用して安定した通信を提供してきました。多くあるMVNOのなかでも、とくにauのサブブランドとして認知され、安心感をもってくださる方もいます。さらに、UQスポットだけでなく、全国のauショップ(一部店舗を除く)・au Styleなどau関連の実店舗でもUQ mobileは相談ができます。いつも利用しているauの店舗で相談したい方にはピッタリです。ぜひ近くの販売店舗にお立ち寄りください。スマホ代の節約をUQ mobileは全力でサポートいたします。

au 4G LTEだから全国エリアで快適につながる
  • 本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。

TM and © 2021 Apple Inc. All rights reserved. iPhoneはApple Inc.の商標です。 iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。

  • 「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • 「au」はKDDI株式会社の登録商標です。
  • 「LINE」は、LINE株式会社の商標または登録商標です。
  • 「Wi-Fi」はWi-Fi Allianceの登録商標です。

UQモバイルをご検討の方、お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。
「自宅セット割」新登場! 家族全員おトク! スマホ1人あたり税抜900円/月~(税込990円/月~) 割引前税抜1,480円/月~(税込1,628円/月~) データ容量3GB/月 (くりこしプランS +5Gの場合) ※5Gは一部エリアで提供 対象のでんき又はインターネット(解除料要)等契約と別途料金要 家族10回線まで通話料・機種代金等別途要
15日間無料でお試し Try UQ mobile
UQ mobileへの乗り換えガイド スマホは、UQ mobileに決まり! あなたのギモン解決します!