• MYUQ

SIMフリーとは?SIMの基本について徹底解説

SIMの基本について徹底解説 SIMフリーとは? SIMの基本について徹底解説 SIMフリーとは?

新しくスマホを買うとき、「SIMフリー」の機種を案内された方も多いでしょう。SIMフリーなら格安SIMと組み合わせて柔軟な使い方が可能です。ただし“そもそもSIMフリーとは?”と思われている方もいるのではないでしょうか。今回はSIMフリーの基本情報や利用する時の注意点をまとめました。ぜひこの機会にセットで検討しましょう。

SIMフリーとは、スマホのSIMロックが解除された状態・
対応機種ならどんな通信事業会社のSIMでも使える状態

SIMフリーとは、対応機種であればどのような通信事業会社のSIMカードでも使える状態やSIMロックがかかっていない状態のスマホを指す言葉です。スマホの通信には、契約情報や電話番号などが記憶されているSIMカードをさして行います。

SIMカードを手に入れるには、通信事業会社と契約しなければなりません。以前はセットで販売される携帯電話やスマホなどの機種とSIMカードを契約するのが基本でした。別々で購入する概念がなかったともいえます。

ところが法改正によって、SIMカードをさし替えて対応している通信事業会社の通信を自由に切り替える方法が普及しました。近年では、SIMフリーの機種だけやSIMカードだけの販売も広がっています。もちろん以前のように機種とSIMカードを特定の通信事業会社でセット購入するケースもまだまだ多いです。選択肢の幅が広がったといえるでしょう。

SIMロック(解除)について

通信事業会社の実店舗で購入する場合、「SIMロック」が設定してある機種である可能性があります。SIMフリーとはSIMロックがかかっていない状態のスマホであると紹介しましたが、SIMロックについても紹介しましょう。

SIMロック(解除)とは

SIMロックとは、特定の通信事業会社のSIMカードでしかスマホや携帯電話が通信できない仕組みを指す言葉です。紹介したとおり、以前はSIMカードをさし替えて機種変更をするケースが一般的でなく、機種の購入=機種+SIMカードのセット購入で携帯電話やスマホを手に入れていました。しかしSIMロックがかかったままでは他社のSIMカードが使えません。SIMカードの単体販売やSIMフリー機種の普及に合わせて、SIMロックを解除してSIMフリーの状態にして利用する方法が広がってきたのです。

海外ではSIMフリー機種がもともと一般的でした。その国内で通信可能なSIMカードが単体で販売・レンタルされ、支払った容量の分だけ通信ができる仕組みです。もちろん容量が不足すればSIMカードを新たに購入・レンタルしてさし替えればデータ容量の追加も簡単にできます。
UQモバイルへ移行する場合のSIMロック解除方法は以下をご確認ください。
SIMロック解除手続き

SIMロック解除の背景

SIMロックが2021年10月からのSIMロック原則禁止になることが、2021年8月10日に決定しました。そもそもSIMロックは、成りすまし契約・盗難・遺失物横領などで入手された機種が不正に利用されたり転売されたりするのを防ぐために設けられた仕組みといえます。
しかし高止まりしていた携帯電話やスマホの利用料金を下げ、新規参入や競争の活性化を図るために総務省が改革を進めるなかで、SIMロックが障害になっていました。2021年3月に携帯キャリアから以前の半値に近い格安なプランが出揃ったのも記憶に新しいでしょう。その一環として、2015年から義務化されてきたSIMロックが禁止されるまでに至ったのです。

SIMカードについて(基本)

SIMフリーやSIMロックで争点となっている「SIMカード」についても整理しておきましょう。SIMカードとは、契約者情報や電話番号などが記録されたICカードで、スマホが通信を行う上で必要不可欠なパーツです。SIMカードをささないとスマホでインターネットや通話が利用できなくなります。

SIMカードの種類

SIMカードには種類があります。区分ごとでチェックしていきましょう。

サイズ:標準SIM/microSIM/nanoSIM

SIMカードにはサイズの違いによって種類が3つあります。大きなものから25×15mmの「標準SIM(miniSIM)」、15×12mmの「micro SIM」、12.3×8.8mmの「nano SIM」です。現在販売されているスマホでは、iPhoneでnano SIM、Android機種でmicro SIMもしくはnano SIMが使用されています。もしくは物理的なカードとして存在せず、本体と一体化している「eSIM」(Embedded SIM)に対応した機種もあるでしょう。

タイプ:データSIM/音声通話SIM/データ+SMS

通信できるものの違いでもSIMは分けられます。WebサイトやSNSを閲覧したりメールを送受信したりするデータ通信に対応したSIMが「データSIM」と呼ばれます。一般的にはデータ通信できるのが基本であり、データ通信がないSIMカードは珍しいです。また音声通話もできるものが「音声通話SIM」と呼ばれます。音声通話専用もありますが、データ通信がある程度ついている音声通話SIMが多いです。あとは通話が不要でもSMSが利用したい方は、「データ+SMS」のSIMを選ぶと良いでしょう。

デュアルSIMについて

デュアルSIMとは、1台のスマホ機種で2つのSIMを組み合わせて2回線(電話番号2つ)を使用する仕組みです。カードを2枚さす場合やカードとeSIMを組み合わせる場合があります。“2つの電話番号を持ちたい”や“LINEアカウントを仕事とプライベートで分けたい”とのニーズに適った仕組みです。対応機種に利用可能なSIMを組み合わせるのが前提ですが、機種代が1台分だけで済み、持ち運びや管理の負荷も減って助かる方も多いのではないでしょうか。

UQモバイルをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

SIMフリーに関するお悩み

基本をまとめてきましたが、SIMフリーについてまだまだ気になることもあるでしょう。そのほかに想定されるお悩みをQ&Aでまとめてみました。

  • SIMロック解除しているか確認する方法はあるのでしょうか

    SIMロックはスマホの「設定」などから確認が可能です。しかしiPhone(iOS)やAndroidの機種の違いや、同じOSでもバージョンによる違いがあります。下記に一例を挙げましたが、ご自身のスマホのOSやバージョンに合わせて通信事業会社やメーカーのホームページも調べてみましょう。

    ※2022年1月時点の情報です。

    【iPhone(iPhone12/iOS14.7.1)の場合】

    iPhoneならSIMロックの状態が簡単に確認できます。ホーム画面→「設定」→「一般」→「情報」と進むと「SIMロック」と状態が示されている箇所があるはずです。解除されている場合は「SIMロックなし」と表示されるでしょう。まだロックされている場合は「SIMロックあり」と表示されるはずです。

    【Android機種の場合】

    ホーム画面→アプリ一覧→「設定」→「デバイス情報」→「SIMカードステータス」で確認できる機種もあります。しかし機種による細かい違いが多く、SIMロックの状況を確認できない仕様かもしれません。別のSIMカードをさして使えるか確認する方法もありますが、複数のSIMカードが必要なので難しいかもしれません。通信事業会社の販売店舗で確認するか、ホームページなどを参考にしてみましょう。

  • SIMロック解除の方法は通信事業会社ごとに異なるのでしょうか

    SIMロックを解除する方法は通信事業会社ごとで異なります。SIMロックがかかっている機種かをまず確認しましょう。SIMロックがかかっていたら、注意事項を読んで、実際に手続きを進めてください。UQモバイルは、「my UQ mobile」から手続きが可能です。ただし他社のSIMカードを挿入する場合は、動作保証などは一切保証していません。利用が制限される場合もありますので、詳しい条件をSIMロック解除のお手続きページで確認して了承の上で進めてください。
    SIMロック解除のお手続き

    ※2022年1月時点の情報です。

    【UQモバイルのスマホのSIMロックを解除する手順】

    • (1)my UQ mobileにログイン
    • (2)「契約確認・変更」タブから、「ご契約内容」の「詳細を確認・変更する」に進む
    • (3)画面を下に進むと表れる「SIMロック解除」をタップ
    • (4)SIMロックの状態と注意事項を確認し、「ロックを解除する」を押す
    • (5)注意事項を確認して「実行する」をタップ
    • (6)受付番号が表示され、SIMロック解除が完了
  • 5Gに対応しているのでしょうか

    5Gに対応しているSIMフリーの機種も登場してきています。SIMカードとプランも5G対応のものに変更し、なおかつ通信の対応エリア内であればSIMフリーのスマホからでも5G通信は可能です。もちろん機種・SIMカード・通信事業会社の組み合わせも問題ないか事前に確認しましょう。また中にはSIMカードとeSIMを併用して通信しようとすると、5G通信ができないケースがあります。詳しくは通信事業会社やスマホメーカーのホームページなどで確認してみましょう。

  • 携帯キャリアの違約金が発生可否の調べ方はあるのでしょうか

    調べ方はありますが、契約状況や通信事業会社によって確認する書類やサービスが異なります。また確実なのはサポート用の店舗に足を運んで契約状況や契約解除料の要・不要を確認する方法かもしれません。細かい契約書類などがない場合は有効でしょう。もし書類などが確認できるようであれば、契約解除料が発生する条件についても記載があるはずです。ただし乗り換えの障害になる契約内容は見直しが進んでいるため、規約が変更されている可能性もあります。書類と合わせて、店舗で相談したりホームページも確認するのがおススメです。

    ※2022年1月時点の情報です。

    【auの場合】

    「My au」から契約期間や利用中のプランが確認可能です。「2年契約」や「2年契約N」で契約中の場合は、更新期間(満了月の当月・翌月・翌々月の3カ月間)以外での解約・一時休止・転出(MNP)・廃止では契約解除料※1が発生します。「2年契約」の場合は10,450円(税込)※2、「2年契約N」の場合は1,100円(税込)です。費用や条件についてはauのホームページ※2をご確認ください。

    • ※1:機種変更では契約解除料はかかりません。契約者がご逝去された場合は、更新期間以外の解約でも契約解除料は発生しません。「au」「UQモバイル」「povo」間の移行手続きにおいて、手数料(「契約解除料」「番号移行手数料」「新規事務手数料[UQモバイルでは、SIMパッケージ料金]」)は発生しません。当面は手数料を一度請求させていただきますが、翌月以降の移行先のご利用料金から割引きます。
    • ※2:auご加入年数11年目以降で「2年契約」と「家族割®(または「法人割」)」をセットでご加入の場合、契約解除料は3,300円(税込)となります。
  • SIMフリーの中古機種は購入しても大丈夫でしょうか

    価格を抑えるために中古機種を購入するのは有効ではあります。もちろんSIMフリーであれば新しくSIMカードを挿入して利用可能でしょう。しかし、オークションサイトやフリマアプリには不良品を買わされるリスクがあります。また前の所有者が機種代を払い終えずに売ってしまい利用制限がかかっている「赤ロム」のリスクもあるでしょう。中古ショップであれば動作確認はもちろん、初期不良があれば保証してくれる場合もあります。中古が一概に悪いとは言いませんが、購入するときには注意が必要です。

  • SIMロック解除ができるスマホ機種か確認する方法あるのでしょうか

    SIMロックが解除可能か否かは通信事業会社のホームページで確認が可能です。UQモバイルの場合は、下記の機種をSIMロック解除対象機種(2021年6月10日時点)としています。利用予定の通信事業会社のホームページなどを確認してみましょう。

    SIMロック解除対象機種

    2015年5月以降に新たに当社が販売したSIMロック解除機能に対応している以下の携帯電話・スマホが対象です。
    iPhone 12・iPhone 12 mini・iPhone 11・iPhone SE(第2世代)・iPhone 7・iPhone 6s・iPhone SE(第1世代)

SIMフリースマホを利用する方法

“対応機種であればどのような通信事業会社のSIMカードでも使える状態”と“SIMロックがかかっていない状態”の2つの意味でSIMフリーが使われるのを説明しました。SIMフリースマホを利用する方法も、意味合いによって2通りに分かれます。

“対応機種であればどのような通信事業会社のSIMカードでも使える状態”のスマホを新しく買って使う

新規でSIMフリーのスマホを購入する方法です。最初からSIMフリーの状態なので、SIMカードをさせば利用できます。機種の購入時や通信事業会社の契約時に機種・通信事業会社・プランの組み合わせが問題ないかに注意して、SIMフリースマホとSIMカードの購入を進めましょう。

現在使っているスマホを“SIMロックがかかっていない状態”にする

SIMロックを解除する必要があります。上で一般的な方法を紹介しましたが、確認やSIMロック解除の手続きは機種や通信事業会社ごとで大きくことなります。それぞれのホームページを参考にしながらSIMロックの解除を進めましょう。
UQモバイルの場合は、対応機種のほかにSIMロックを解除する条件を下記のとおり設けています(2021年6月10日時点)。ほかの通信事業会社の場合は条件があるはずです。なかにはSIMロックの解除手数料が発生する場合や処理に数日かかる場合もあります。事前に確認して計画的に手続きなどを行いましょう。

SIMフリースマホを利用する条件

・機種購入から101日目以降であること

ただし、以下の場合は機種購入日から100日以内でもSIMロック解除手続きが可能です。

  • 1. 当該機種を一括払いでご購入いただいている場合
  • 2. 当該機種を分割払い(割賦)でご購入いただいており、割賦残債がない場合(一括での残債精算済みなど)または毎月のお支払いがクレジットカードの場合
  • 3. 1.2.以外の場合で、対象回線におけるSIMロック解除実績(2017年7月11日以降に受け付けしたSIMロック解除が対象)があり、前回のSIMロック解除受付日から101日目以降の場合

・ネットワーク利用制限中の携帯電話でないこと

・UQモバイル通信サービスおよび付帯する料金(製品代金を含む)に滞納がないこと

(ご利用履歴により、手続きをお断りする場合があります。)

※上記条件を満たした場合でも、故障がある場合は、故障修理等が完了してからのお手続きとなります。

UQモバイルならSIMフリースマホやSIMカードがお得に利用可能

SIMフリーのスマホを用意できたら、次はさして使うSIMカードを検討しましょう。なかでも携帯キャリアよりも利用料金がお得にできる格安SIMがおススメです。UQモバイルの「くりこしプランS +5G」ならおひとりでもずーっと月3GBで1,628円(税込)/月~で利用できます※3
もちろんSIMロックが解除してあれば、今のスマホのままで乗り換えもOKです。UQモバイルの対応機種ならSIMカードの入れ替えもiPhoneなら4ステップ・Androidなら2ステップでできます。

  • ※3 別途、機種代金、通話料(税込22円/30秒)、契約事務手数料(税込3,300円)、ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料等がかかります。「くりこしプランS +5G」のくりこし上限は、前月の残データ容量分までです。

乗り換え・機種変更の準備などわからないことがあれば、近くのUQモバイル取扱店舗にお越しください。UQスポット・auショップ(一部店舗除く)・au Styleなど日本全国の取扱店舗で相談を承ります。取扱店舗ならSIMフリースマホの実機も触れるので、持ちやすさや操作しやすさを体感可能です。もちろんネットからのお申し込みもできますので、ぜひSIMフリースマホの購入の機会にはUQモバイルをご検討ください。

  • ※本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
  • iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
  • 「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • 「au」「家族割」はKDDI株式会社の登録商標です。
  • 「LINE」は、LINE株式会社の商標または登録商標です。

UQモバイルをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

格安スマホ/格安SIM関連記事

自宅セット割で家族全員おトク! データ容量3GB/月 くりこしプランS +5G(2021年9月2日受付開始) スマホ1人あたり990円(税込)/月~ 割引前(1,628円/月~) 通話料(税込22円/30秒)など別途かかります。 条件等詳しくはこちら
UQ mobileへの乗り換えガイド スマホは、UQ mobileに決まり! あなたのギモン解決します!
期間限定のおトクな情報も満載 キャンペーン・おトク情報