• MYUQ

スマホの動作が重い原因は?対処法や予防方法などをわかりやすく解説

スマホを操作していて、アプリの起動に時間がかかる、タッチやスワイプの反応が鈍いなどスマホの動作が「重い」と感じたことはないでしょうか。

スマホの動作が重いと、動画の視聴やゲームアプリのプレイなどが満足に楽しめません。また、スマホの動作が重いままだと、故障する可能性もあるので注意が必要です。

この記事では、スマホの動作が重い原因や、原因ごとの対処法、予防方法などをわかりやすく解説します。

  • 記載の情報は2024年7月時点のものです。

スマホの動作が重くなる原因

スマホの動作が重くなる(遅くなる)原因には主に以下の状態になっている可能性があります。原因を順に解説します。

スマホのストレージ(容量)不足

スマホのストレージとは、動画や音楽、アプリなどを保存しておく領域のことです。

単位はGB(ギガバイト)で、スマホの性能でROM、あるいはストレージ容量と表記されており、数字が大きいほど多くのデータを保存できます。

iPhoneの場合はストレージの空き容量が1GBを下回ると、Androidの場合はストレージの空き容量が全体の10%未満になると問題が発生することがあるので注意しましょう。

スマホのメモリ不足

スマホのメモリとは、アプリやシステムなどのプログラムを実行する領域のことです。単位はGB(ギガバイト)で、スマホの性能でRAM、あるいは内蔵メモリ容量と表記されており、数字が大きいほど多くの作業を同時に実行できます。

スマホでネットに接続したり、動画アプリやゲームアプリを開いたりしていると、メモリを圧迫して動作に影響を及ぼす可能性があるので、使用していないアプリは終了しましょう。

スマホのOSやアプリのバージョンが古い

OSとはオペレーティングシステム(operating system)の略称で、ユーザーの操作が正しく伝わるようにスマホに伝達しているシステムです。

iPhoneの場合はiOS、iPhone以外のスマホは主にAndroidがインストールされています。

OSやアプリにはバージョンがあり、バージョンが古いとスマホの反応が重い、あるいはアプリの動作が遅くなるなどの可能性があるので、スマホを操作していて重いと感じたら、OSやアプリのバージョンを確認してみましょう。

スマホの動作が重い時の対処法

スマホの動作が重い場合の対処法は以下の通りです。

スマホの不要なデータやアプリを削除する

iPhoneの場合はストレージ容量が1GB以下、Androidの場合は全体の10%未満を下回るとスマホの動作が重くなる可能性があります。

スマホの動作が重い時に、ストレージの空き容量が少ないなら、不要なデータやアプリを削除してみましょう。

消したくない写真や動画、アプリなどは、SDカードやオンラインストレージなどに保存しておけば、スマホのデータを削除しても問題ありません。

スマホのアプリを終了する

一部のアプリはスマホの画面に表示されていなくても、バックグラウンドで起動していて、メモリの容量が圧迫されて、スマホの動作が重い原因になる可能性があります。

そのため、スマホの動作が重い時は、バックグラウンドで起動しているアプリを終了してみましょう。

なお、使用していないアプリを終了する手順はiPhoneとAndroidで異なるため、順番に解説します。

・iPhoneのアプリを終了する方法

iPhoneのバックグラウンドで起動しているアプリを終了する方法は以下の通りです。

手順
iPhone X以降
  • 1.ホーム画面の下部から上にスワイプする
  • 2.画面のなかほどで指を止める
  • 3.左右にスワイプして終了したいアプリを探す
  • 4.アプリのプレビューを上にスワイプする
iPhone SE、iPhone 8以前
  • 1.ホームボタンを2回押す
  • 2.左右にスワイプして終了したいアプリを探す
  • 3.アプリのプレビューを上にスワイプする

スワイプとは、画面に軽く触れて上下左右に指を軽くはじく操作方法です。フリックとも呼び、使用頻度の高い操作方法なので覚えておきましょう。

・Androidのアプリを終了する方法

Androidのバックグランド起動中のアプリを終了する方法は下記の通りです。

なお、下記の手順はXperia 10 IV XQ-CC44の場合で、機種やAndroidのバージョンによっては異なる可能性があります。

  • 1.ホーム画面下部の「最近使ったアプリボタン」をタップする
  • 2.終了したいアプリを左右にスワイプして探す
  • 3.アプリのプレビューを上にスワイプする

Androidのアプリを終了する方法が不明な場合は、公式サイトか取扱説明書を確認しましょう。

アプリのキャッシュを削除する

キャッシュとは、サイトを開いたり、アプリを立ち上げたりした際にスマホに保存されるデータのことです。

キャッシュが保存されていると、同じサイトを開いたり、同じアプリを立ち上げたりする際の読み込みが素早くなるメリットがあります。

しかし、キャッシュが溜まっていくとメモリを圧迫する可能性があるので、スマホが重い時はキャッシュの削除を実行してみましょう。

ただし、iPhoneの場合は、本体の容量が不足するとキャッシュを自動的に削除するため、手動でキャッシュを削除する必要はありません。

Androidの場合は、メーカーや機種によって削除方法が異なるので、公式サイトか取扱説明書で確認してみましょう。

スマホのOSをアップデートする

スマホのOSをアップデートすれば、処理が早くなる可能性はあります。

ただし、機種によっては最新のバージョンにアップデートできない可能性があるので、機種変更も検討してみましょう。

・iPhoneのOSをアップデートする方法

iPhoneのOSをアップデートする方法は下記の通りです。

  • 1.iPhoneを充電器やWiFiに接続する
  • 2.「設定」をタップする
  • 3.「一般」をタップする
  • 4.「ソフトウェアアップデート」をタップする
  • 5.「今すぐインストール」、もしくは「ダウンロードしてインストール」をタップする

OSのアップデートに失敗するとiPhoneのデータが消えてしまう可能性があるので、iCloudやiTunesでバックアップを作成しておくと安心です。

・AndroidのOSをアップデートする方法

AndroidのOSをアップデートする方法は下記の通りです。なお、以下の手順はGoogle Pixelの場合になります。

  • 1.「設定」をタップする
  • 2.「システム」をタップする
  • 3.「システムアップデート」をタップする
  • 4.画面に表示される手順に沿って操作する

Androidの場合、OSをアップデートする手順や名称がメーカーや機種によって異なる可能性があります。

そのため、AndroidのOSをアップデートする際は、公式サイトか取扱説明書を確認してみましょう。

スマホの月額データ容量を追加で購入する

モバイルデータ通信を利用していてスマホの動作が重い場合は、月額データ容量の上限に達し、通信速度に制限がかかっている可能性があります。

通信速度が低下すると動画の視聴やゲームアプリのプレイなどを満足に楽しむことは難しいです。

通信会社にもよりますが、月額データ容量を追加で購入すると通信速度の制限が解除されて、ネットの接続が良くなる場合があります。

モバイルデータ通信の月額データ容量の上限に達したら、スマホの月額データ容量の追加購入を検討してみましょう。

UQ mobile オンラインショップ限定 au PAY 残高還元キャンペーン実施中! 条件等詳しくはこちら

UQ mobileをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

スマホの動作が重くなる前にできる予防方法

スマホの動作が重くなる前にできる予防方法は以下の通りです。

オンラインストレージを活用する

オンラインストレージとは、ネット上にファイルを保存しておくための場所を提供するサービスのことです。

Appleの「iCloud」やGoogleの「Google Drive」などが有名で、写真や動画、ファイルなどを保存できます。

不要なデータをオンラインストレージに保存しておけば、ストレージの容量不足でスマホが重くなることを回避できるので、活用してみましょう。

ただし、オンラインストレージは無料で利用できる場合もあれば、有料の場合もあるので、事前にサービス内容の確認をしておくことが重要です。

Wi-Fiを利用する

WiFi(ワイファイ)とは、無線で通信する端末がお互いに接続可能になる方式です。

モバイルデータ通信で動画の視聴やゲームアプリを利用すると、通信会社の月額データ容量を消費します。

料金プランが使い放題ではない方は、上限に達して通信速度が低下する可能性があります。

WiFiを利用していれば、通信会社の月額データ容量を消費しないで済むので、通信速度が制限されません。

自宅にWiFi環境があるなら、なるべくWiFiルーターに接続して動画アプリやゲームアプリを楽しみましょう。

スマホの動作が重いままだと故障する可能性がある

スマホの動作が重いと、次のような不具合が発生する可能性があります。

  • 熱を持つ
  • バッテリーの消耗が激しくなる
  • メモリやCPUが劣化する

スマホが重い状態を放置していると、さまざまな不具合が発生してしまい、故障して起動しなくなる恐れがあります。

本格的に故障する前に修理する、あるいはスマホの買い替えを検討してみましょう。

スマホを買い替えるならUQモバイルがおススメ!

スマホが重い場合の原因は「スマホのストレージ(容量)不足」「スマホのメモリ不足」「ネットへの接続不良」「スマホのOSやアプリのバージョンが古い」などが考えられます。

ストレージ不足なら不要なデータの削除を、メモリ不足なら使用していないアプリを終了する、ネットへの接続が重いならWiFiに切り替えたり、モバイルデータ通信の月額データ容量を購入したりしてみましょう。

上記の方法で改善されない場合は、スマホの買い換えが必要な可能性があります。スマホを買い替えるならUQモバイルがおススメです。

UQモバイルはネットでお申し込みができ、iPhoneやAndroidスマホなど新品から中古まで幅広く取り扱っており、機種ごとの違いを比較しやすい製品比較表があるので、ご自身にピッタリの一台を探しやすいです。

iPhone・Android 充実のラインアップ 製品・端末一覧はこちら

UQモバイルの自宅セット割(1,100円/月割引)※1を活用すると、スマホの月額料金がおトクに利用することができます。
例えば「トクトクプラン」の場合、「自宅セット割」(1,100円/月割引)※1・「au PAY カードお支払い割」(187円/月割引)適用で、基本使用料3,465円/月※2のところデータ使用量が1GBまで990円/月※2・1GB超~15GBまで2,178円/月※2と、使った分で料金が変動するのでおススメです。

自宅セット割は最大10回線まで対象のため、家族全員※3のスマホ代がおトクになるので、スマホの通信費を節約したい方におススメです。

ほかにも、iPhoneの場合は月額料1,134円~「故障紛失サポート with Apple Care Services & iCloud」※4や、Androidスマホの場合は月額利用料990円で「故障紛失サポート」※5などのサポートがあります。

スマホが故障した時に対応してもらえる可能性があるので、万が一の時に安心です。

自宅セット割※1の適用条件やオプションサービスは詳細ページで確認のうえ、ぜひUQモバイルの検討をしてみましょう。

  • ※1対象のご自宅のインターネットまたはauでんきなどのご加入が必要です。
    加入例)auひかりホーム・ずっとギガ得プラン(契約期間3年)の場合、基本料金5,610円/月+オプション料550円/月が別途必要です。インターネットサービス解約時に、ご契約期間に応じて契約解除料4,730円が発生する場合があります。
  • ※2通話料(22円/30秒)など別途かかります。
  • ※3ご契約回線には上限があります。
  • ※4故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloud(UQ mobile)
  • ※5安心サポートパック(UQ mobile)
  • 5Gは一部のエリアで提供しています。詳しくは下記ページでご確認ください。
    対応サービスエリア(UQ mobile)
新登場!使い方に合わせて選べる3つのプラン 条件等詳しくはこちら
  • 本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
    • 「Apple」、「iPhone」、「iTunes」は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。「AppleCare」、「iCloud」は、Apple Inc.のサービスマークです。
      TM and (C) Apple Inc. All rights reserved.
    • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
    • 「au」はKDDI株式会社の登録商標です。
    • 「Google」、「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
    • iOS商標は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。
  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税込です。

UQ mobileをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

格安スマホ/格安SIM関連記事