UQ Communications

新技術「Massive MIMO」を大型スタジアム等に導入

  • WiMAX

2019年4月24日
UQコミュニケーションズ株式会社

新技術「Massive MIMO」を大型スタジアム等に導入
-混雑時の速度低下を防ぎ快適通信を実現-

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:野坂 章雄、以下UQ)は、このたび、混雑エリアでも速度低下を防ぎ、WiMAX 2+を快適にご利用いただける新技術「Massive MIMO」(注1)を横浜スタジアム、東京ドーム、京セラドームに導入しました。

「Massive MIMO」は、次世代5Gの要素技術であり、平面に多数のアンテナ素子を配置し、これを用いて電波に複数の指向性を持たせ3次元の制御をする事で、お客さまごとに、それぞれビームを割当て、密集地域で利用が混雑するエリアでも速度の低下を防ぎ、快適な通信環境を実現する技術です。

UQは、従来より導入しているMIMO技術(注2) を進展させた「Massive MIMO」の開発を2015年から進め、昨年3月から商用システムへの適用を順次進めています。新技術の導入は、当該展開計画の一環として実施するものです。お客さまには快適にインターネットをご利用いただくため、今後も同技術のエリア展開を順次進めてまいります。

MSMM図.jpg
 
「Massive MIMO」によるエリア整備を進める事で、お客さまには混雑する場所でも、より快適に高速インターネットをお楽しみいただけます。

UQでは都心の混雑エリアに加え、通信が込み合うイベント会場対策として「Massive MIMO」を投入し、より一層のサービス向上に鋭意取り組んでまいります。

(注1)Beam FormingとMIMOを組合せ、空間多重する事で限られた無線リソースを高効率に利用するシステム
(注2) Multiple Input Multiple Outputの略。データの送信側(基地局)と受信側(ルーター)のそれぞれに4本のアンテナを搭載し、WiMAX 2+エリアでの通信時に複数のデータを同時に送受信することで、高速通信を実現する技術です。




以 上

本件に関するお問い合わせ先

報道機関

UQコミュニケーションズ
渉外部 広報グループ
E-mail :pr@uqc.jp

お客さま

UQお客さまセンター

フリーコール:0120-929-818

  • ※携帯・PHSからもご利用可
    9:00 - 21:00(年中無休)
  • (注)迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を変えています。
    「@」(全角)を「@」(半角)に置き換えてご利用下さい。
  • ※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

UQの最新情報を配信中UQ Communications公式アカウント