UQ Communications

グループ通信事業の成長基盤強化に向け、UQ mobile事業をKDDIに統合

  • 企業情報

2020年5月14日
KDDI株式会社
UQコミュニケーションズ株式会社

グループ通信事業の成長基盤強化に向け、
UQ mobile事業をKDDIに統合
~すべてのお客さまに通信とライフデザインの融合による新しい体験価値を提案~

KDDIおよびUQコミュニケーションズは、2020年5月14日の各社の取締役会において、UQコミュニケーションズのUQ mobile事業を会社分割により、2020年10月1日をもってKDDIが承継(注1)することを決議しました。

テクノロジーの進化やお客さまニーズの深化、事業者の新規参入など過去にないスピードと規模で変化する通信市場環境において、KDDIグループは「通信とライフデザインの融合」を推進し、お客さまに新たな体験価値の提案ならびに、企業価値のさらなる向上を目指していきます。

このたび、KDDIは「お客さまの期待を超える感動をお届けすることにより、豊かなコミュニケーション社会の発展に貢献」というビジョンのもと、低価格で高品質なサービスにより200万件(注2)の契約数を有する「UQ mobile」を統合し、グループ経営資源の集約による営業体制、サービス競争力の強化ならびに事業構造の効率化を図り、市場環境やお客さまニーズに即した
機動的なサービスの提供に取り組んでいきます。

UQコミュニケーションズは、2009年のWiMAXサービス開始以降、培ってきた事業基盤を生かし、「モバイルインターネットで社会と世界を豊かに」というビジョンのもと、今後もブロードバンド市場に新たな体験価値を創出し続けます。

なお、KDDIにおける通信サービスは「au」「UQ mobile」の2ブランドで引き続き提供していきます。
共同リリースロゴ.png■通信事業の持続的成長の実現に向けて
1. 通信サービスの営業、サポート体制強化
・「au」と「UQ mobile」の全国営業拠点を再編、統合し、地域に根付いた営業体制を構築

2. すべてのお客さまに新たな価値を提供
・料金や商品などサービス提供構造を強化し、より柔軟かつ、わかりやすいサービスの提供を通じたお客さま還元の創出
・「UQ mobile」において、ライフデザインサービス群とのシナジーを創出し、新たな顧客体験価値を提供

3. グループ事業構造の効率化
・両社で重複する業務や店舗運営の効率化
・5G本格化に向けた経営資源の効率化

会社分割に関する詳細は、「連結子会社との会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ」をご参照ください。

(注1)関係当局の認可取得を前提としています。
(注2)2020年1月26日時点。

以 上

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

UQの最新情報を配信中UQ Communications公式アカウント