UQ Communications

  • MYUQ

WiMAX 2+ピンポイントエリア判定機能のバージョンアップについて

  • WiMAX

2019年04月24日

WiMAX 2+ピンポイントエリア判定機能のバージョンアップについて

UQコミュニケーションズは、本日より、ホームページ掲載のピンポイントエリア判定機能をバージョンアップしました。

ピンポイントエリア判定とは、お客さまがご利用される住所を入力することにより、「〇」、「〇~△」、「△」、「エリア外」の4段階でWiMAX 2+のエリア状況を確認できる機能です。サービス開始以来、多くのお客さまや販売店さまにご利用いただいています。

このたび、近年の基地局設置環境の変化や、スマホからの検索数の増加、お客さまからのご要望などにお応えし、さらにエリア判定を確認しやすく、精度も向上しました。

UQは、15日間無料でお試しいただける「Try UQ」サービスも用意していますので、エリア状況が気になるお客さまにピンポイントエリア判定を併せてご利用いただくことで、より安心してWiMAX 2+サービスをスタートしていただけます。


ピンポイント.PNG ピンポイントエリア判定ご利用イメージ


ピンポイントエリア判定はこちらからご利用ください。

※新設の住所、無番地、字名が無い場合など、一部の住所で検索できない場合があります。
※サービスエリア表示、ピンポイント判定結果は、該当住所付近の地上屋外に関して、当社が独自にシミュレーションした結果に基づくものです。地下、建物内などの利用場所により、通信しにくい場所や圏外となる場合があります。


Try UQについてはこちらをご覧ください。

※サービスエリア内でも電波が伝わりにくい場所(屋内、車中、地下、トンネル内、ビルの陰、山間部など)では、通信できなかったり通信速度が低下する場合があります。また、高層ビル・マンションなどの高層階で見晴らしのよい場所であってもご使用になれない場合があります。お申し込みの前には必ず、サービスエリアをご確認ください。詳細なエリア情報はUQお客さまセンターまでお問い合わせください。


以上

UQの最新情報を配信中UQ Communications公式アカウント